将来の子供のために学資保険に入るべき?

勉強する子供

子供がこれから成長するに従いお金がかかってくるものです。特に教育費はお金がかかるもの。貯金をしているだけでもいいかなーなんて思いますが、今の子供の教育費は、一人当たりおよろ1000万円を超えることも。

貯金で1000万円貯められるか不安になってしまいそう。そんな人のために学資保険に入っておけば安心できるかなーなんて思います。そこで今回は学資保険のメリットデメリットを踏まえながら学資保険についてまとめてみました。

スポンサーリンク

学資保険とは

まず、学資保険とは何かわからない方もいると思うので、紹介します。学資保険とは字の通り学ぶための資金の保険です。

教育資金の確保を目的とした保険のことで、毎月決まった保険料を払っていることで、満期になった時に子供に合わせた給付金が受け取れるのです。

プランによってはお祝い金で節目ごとにお金がもらえるというものもあります。ですので、学資保険は将来、子供の積立と考えてください。

また、付属で、怪我や病気になった時に対応しているものもあり、子供が怪我病気の際には給付金を受け取れるものもあります。

学資保険の特徴と目的

そんな学資保険の特徴と目的ですが、特徴としては、指定した満期の際に給付される満期金を教育資金に充当しようと思う方が加入します。

例えば、大学進学時にお金がかかると考えている保護者の方は、大学の資金のためにお金の確保をしたいと思いますよね。ですので、高校三年生の卒業あたりを満期に指定してその資金を確保することが可能になります。

その中でも特徴的なことは、学資というからには子供のための保険になっていることです。学資保険の契約者は基本的には親になると思いますが、その契約者に万が一のことがあった場合でも、教育資金の準備ができるというものです。

スポンサーリンク