何だか苦しそう…首は大丈夫?新生児のチャイルドシートの乗せ方

チャイルドシート

出産して退院の日、赤ちゃんをチャイルドシートに乗せて帰宅するご家庭は多いのではないでしょうか。病院やお宮参り、実家への帰省など、生後間もない赤ちゃんが車に乗るシチュエーションは意外とあります。

今回は新生児のチャイルドシートの乗せ方やポイントについてまとめてみます。

スポンサーリンク

チャイルドシートの必要性

法律では6歳未満の子どもを車に乗せる時はチャイルドシートの使用が義務付けられています。抱っこのまま乗ってしまうと、万が一事故にあった時に赤ちゃんは危険です。

運転手が気を付けて運転していても追突されることもありますから、チャイルドシートは必要です。新生児を乗せる場合は新生児から乗れるタイプのものを選びましょう。

どの席に取り付ける?

チャイルドシートを取り付ける場所は、助手席よりも後部座席の方が安全とされています。と言うのも、事故があったときに助手席のエアバッグが開ききる前に赤ちゃんの頭や顔にあたってしまい吹き飛ばされてしまう可能性があるからです。

また、運転手は前方にあるものを急に避けようとする時に本能的にハンドルを右に切りやすいため、助手席の方がひどいケガを負ってしまう場合もあります。

ママが運転する場合、横に赤ちゃんがいる方が目が届くので安心な気がしてしまいますが、一番よいのは助手席の後の座席になります。

パパが運転してママが赤ちゃんの横に座りながらお世話をする…というのがベストですが、状況によっては難しい場合もあるでしょう。後ろの赤ちゃんの様子が見えるようなベビーミラーも売っていますから利用するのも一手です。

進行方向に対して後ろ向き装着を

新生児を乗せる時、チャイルドシートは進行方向に対して後ろ向き装着が推奨されています。

以下は日本小児科学会からの抜粋になりますが、『衝突時の頸椎損傷を減らすため、少なくとも1歳をすぎ、かつ体重が10kgを超えるまで、子どもは進行方向後向きに乗せる』と明記しており、さらに乳児を後ろ向きに座らせる理由として『広い面積を持つ背中全体で衝撃力を分散し、一部に集中させないようにするためである。』とコメントしています。

取り付ける角度は?

チャイルドシートを取り付ける角度は水平から45度の角度がよいとされています。その理由は、赤ちゃんが少し後ろに倒れるくらいの体勢であれば前かがみの状態にはならないので、赤ちゃんの気道の開通を妨げることはないからです。

チャイルドシートの一部には角度調整機能が内蔵されていますが、その機能がない場合、硬く丸めたタオルなどを乳児の足元側のチャイルドシートの下に押し込むなどして45度の角度を保つ必要があります。

取り付け後の注意点

取り付けた後は手で揺らしてみてがたつきがないか確認しておきましょう。チャイルドシートの座面の揺れは2.5~3cm以内がよいとされています。大きくがたつくようであれば再度取り付けなおしましょう。

せっかくチャイルドシートを取り付けても誤使用では意味がありません。不安がなくなるまで何度もトライしてください。

スポンサーリンク