忙しくて親子の時間が持てない時の対処法

泣く子供

たくさん子供と触れ合いたい気持ちはあるけれど、仕事が忙しかったりすると十分な親子の触れ合いの時間が持てないこともありますよね。

共働き家庭も増え、お父さんもお母さんも毎日忙しく、時間に追われてしまうことが多い現代で、親子の時間を作り出すにはどうしたらいいのでしょうか?そんな時には、少しの時間でもきちんと愛情が感じられる、密なコミュニケーションを親子でとっていきましょう。

忙しくて時間がなくても大丈夫!子供を思う気持ちは通じるのです。忙しくて親子の時間が持てない、そんな時の対処法をお教えしていきます。親子の時間大切にしていきましょう!

スポンサーリンク

抱っこタイム

肌と肌との触れ合いはダイレクトに愛情を伝えることができます。忙しくて時間がない時にもいいコミュニケーションの方法です。抱っこタイムを寝る前の習慣にして、一日に一回は抱っこをしてあげるようにしましょう。

ハグをすることはストレス解消の方法としても有効なことは有名な話ですね。30秒のハグをするだけで一日のストレスの三分の一は解消されるんだそうです。

ストレスフルな現代社会、子供に愛情を伝えつつストレス解消もしちゃいましょう。忙しくても一日に30秒なら時間がとれそうですね。親子共にハグでコミュニケーションをとりましょう。

読み聞かせ

一日に一冊絵本の読み聞かせをしてあげるととてもよいコミュニケーションの手段となります。大好きな親の声で読み聞かせをしてもらうと、とても落ち着くことができ、子供は安心することができます。

一日に一冊だけと決めておけば、それほど時間もかかりませんし毎日の親子の楽しみになります。優しい声で楽しいお話を読んであげることで、親と子のコミュニケーションをはかりましょう。

どんな本を読んであげようかと選ぶ時間も楽しいですし、親子の共通の話題も増えますよ。

食事を一緒に

どんなに忙しくても食事をとらない人はいないでしょう。朝食でも夕食でも構いません、一日の内一度は食事を親子で囲むようにしましょう。

スポンサーリンク