日本の子育ては辛い!海外のお母さんが口を揃えて言う理由とは?

子供

海外在住の子育て中のお母さんが口を揃えて言うのが、日本の子育ては辛い!ということです。日本で子育てをするお母さんの話を聞くと、海外での子育てが楽に感じるということには、いったいどのような理由があるのでしょうか。

そこで、ここでは日本の子育てと海外の子育ての違いと、日本の子育てが辛いと言われる理由を調べてみました。

スポンサーリンク

日本人は妊婦や赤ちゃんを連れたお母さんに厳しい?

海外で暮らしたことのあるお母さんは、日本人は妊婦や赤ちゃんを連れたお母さんに厳しいと言います。

海外では外出時にベビーカーを押したお母さんに手を貸す、妊婦さんに優しい声がけをする、などということは当たり前なのだそうです。そのため、子育てが楽しいと感じているお母さんが多い傾向にあります。

しかし日本では妊婦さんや子連れのお母さんに対する眼差しは冷たく、ベビーカーを使う際などには非常に肩身の狭い思いをすることが多々あります。それには日本特有のマナーの厳しさが深く関係しています。

電車に乗る際のベビーカーのルールとは?

日本では国土交通省が電車やバスでのベビーカーのルールを、全国統一化しようとしています。その詳細は混雑時にはベビーカーを折りたたむ、という内容です。

電車を利用する際にベビーカーを押しているお母さんに対し、畳むべきだ、非常識、我慢が足りない、などの批判的な声があがっていることも事実。満員電車を経験したことのある日本人にとって、こうした意見があがるのはわからなくもありません。

しかし、海外ではこのような意見がないことは当たり前であり、赤ちゃんのいるお母さんの権利として、ベビーカーを電車に乗せることが認められているのです。日本と海外では、ルールのあり方も全く異なることがわかりますね。

教育費が高く、手当が少ない!

日本は他の国と比較し教育費が非常に高く、それに対する公的支出が少ないことから、家庭負担が大きいという事実があります。子供一人に対する学費は、全て公立の場合で800万、全て私立の場合2500万円かかると言われています。

スポンサーリンク