子供が一人で遊びに行くときに気を付けなければならないこと

遊ぶ子供

子供はある程度大きくなれば、一人で遊びに行くようになります。その道中は、車が走っていたり、知らない人がいたり、雨が降っていたりと、毎日毎回シチュエーションが違います。

そして、遊びに行ったところではルールやマナーを守らなければなりません。そこで、気を付けてほしいこと、そして楽しく遊びに行く為のルールやマナーについてまとめました。

スポンサーリンク

知らない人に声をかけられてもついていかない

自転車で出掛けたり、歩いて遊びに行く時に、必ず人と出会うと思います。その人は近所の知っているおじさんかもしれません。全然知らないおばあちゃんかもしれません。

目的地までの道や、公園、遊びに行く目的地でもそうです。知らない人にしゃべりかけられるかもしれません。普通に話すことに関しては全く問題ありませんが、子供は疑いません。

もし、○○に連れていって欲しいや、お菓子をあげるから家までおいで、など、今いる場所ではないところへ来て欲しいといわれた時には、絶対に着いて行かないように、何度も何度も教え込んでください。

もし、少しでも怪しい時は大きな声を出すように教育してください。それを知っているか、知らないかで、大変なことになってしまいます。

遊具で遊ぶ時はお友だちと順番を守りながら遊ぶ

公園で遊ぶ時は、必ず誰かがいる時にしましょう。一人で遊んでいると、何かあった時に誰にも助けてもらえません。そして、誰かと遊ぶときには、ルールを守りましょう。

遊ぶ順番を守る、お友だちが待っている時には、遊び始めて少し時間がたてば交代してあげる、など。知っている子でも、知らない子でも、仲良く遊べることが前提です。

もし、一人でずっと順番も変わらず遊んでいれば、きっと嫌われてしまいます。楽しく遊ぶ為にはルールがあるということを教えてあげてください。

おやつを持って行った時にはゴミをゴミ箱に捨てる、または持って帰る

出かける時には、おやつを持って行くお子さんも少なくないと思います。もしかしたら遊びに行く途中で買って行くお子さんもいるかもしれません。その時には、おやつを買う金額を行く前に決めておいて、無駄遣いはささないようにしましょう。

スポンサーリンク