絵本が好きな子に育てたい!どうすればいい?

絵本を読む子供

小さな頃から“寝る前に絵本を読んであげる”ことを、寝る前の日課にしたいと思っている親御さんは多いですよね。私もその一人でした。しかし、親側の意向だけで子どもに“やらせる”のでは意味がありません。

現在年中さんの長女は、絵本が大好きで、ひらがなにも興味を示すのが早く、今ではひらがなを全て読むことができ、一人で絵本を読むようになりました。そこで、娘にやってきた絵本にまつわることをお伝えできたらと思います。

スポンサーリンク

いつから始めたらいいものなのか

そもそも、お子さんにいつから絵本を読んであげたらいいものなのかと考えたことはありますか?私の知り合いに、小児科のドクターがいるのですが、その方曰く、1歳未満でもよいとのことです。

ママが声色を変え、絵本の絵を見せてあげながらお話してあげることで、とても良い刺激になるとのことでした。

もちろん、大人の様に集中して聞いているわけではないですから、ハイハイでどこかに行ってしまおうが気にせずですよ。ママの声を聞くだけで安心感もあるというので、是非赤ちゃんの頃からでも読んであげて下さい。

最初は見て触って楽しいものからがベスト

さて、どんな絵本が良いのかと迷ってしまいますよね。うちの場合、1歳の頃は、手で触れても楽しめて、色彩も見て楽しめるものを最初に選びました。手で触れるとザラザラしていたり、触るとにおいがするなんて物は、初めての時は目を丸くして驚いていて懐かしいです。

また、カラフルな色彩や模様に対しても楽しんでいました。まずはお話がどんなものなのかというよりも、本そのものに興味を持ってくれるということが大切なのではないかと体感しました。

最初は見て触って楽しいものからがベスト

さて、どんな絵本が良いのかと迷ってしまいますよね。うちの場合、1歳の頃は、手で触れても楽しめて、色彩も見て楽しめるものを最初に選びました。

手で触れるとザラザラしていたり、触るとにおいがするなんて物は、初めての時は目を丸くして驚いていて懐かしいです。

また、カラフルな色彩や模様に対しても楽しんでいました。まずはお話がどんなものなのかというよりも、本そのものに興味を持ってくれるということが大切なのではないかと体感しました。

一緒に見つけたりして楽しみましょう

次の段階としては、“ウォーリーを探せ大人版”に進んでみました。うちで購入したのは、「アンパンマンをさがせ!ミニ」です。長女はこのシリーズの1~3まで本当によく見ました。

本棚から必ずといっていいほど持ってきては、一緒に見つけて遊びました。その結果、本も驚くほどヨロヨロです。それだけ楽しんでくれたんだと思います。

一度探してしまえば、次からは覚えているので早く見つかってはしまいますが、本に書かれている問題以外にママから独自の問題を出すと、また一生懸命になって探すんです。

スポンサーリンク