夜間のみ手足が冷たい!赤ちゃんが夜間に手足が冷たい理由とは!?

ママと赤ちゃんの手

夜間寝ている赤ちゃんを触ると、手足が冷たい!!ってびっくりされたことはないですか?夏場はそうでもないですが、特に冬場に経験したママさんは少なくないと思います。

もちろん筆者もその1人でした。正常なのか、異常なのかも分からずただただ不安になりますよね。今回はなぜ赤ちゃんの手足が冷たいのか?どうすればいいのか?について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

睡眠時に赤ちゃんの手足が冷たい理由

寝る直前までは手足は冷たくないのに夜間にふと触ると手足がかなり冷たくなっている!!と焦りますよね。でも、実は夜間に手足が冷たくなるのは赤ちゃんにとっては正常なことなんです。

赤ちゃんは体温調節機能がまだ未熟なため、手足を冷やし、身体の中心に熱を集めて逃がさないようにすることで体温を調節しています。決して、病気や布団から手が出ているのが原因ではないんで。

また、布団から手が出ているのも体温調節するためにあえて自分から手を布団から出しているんです。初めは不安ですが、なぜ、夜間に手足が冷たくなるのか、理由が分かれば安心ですよね。

間違った対処法

手足が冷たいからといって「布団を追加でかける」「ミトンや靴下を装着する」「室温を上げる」などの対処法をしているママさんも中にはいるかも知れませんが、実はコレ・・・間違った対処法なんです。

先程述べたように、赤ちゃんは手足で体温調節をしています。追加で布団をかけてしまったら身体に負担がかかり、重くて呼吸がしにくくなります。

また、ミトンや靴下を装着してしまうと、体温調整が困難になってしまいます。室温の調整については、少しであれば大丈夫ですが極度に上げすぎると赤ちゃんの体温が上昇し、ひどい場合は脱水を起こす危険性もあります。

赤ちゃんの冬場の寒さ対策

よく「寝る時の赤ちゃんの服装は大人より1枚少ない方がいい」と聞いたことはありませんか?これは季節関係なくその通りだと思います。

スポンサーリンク