載せるのやめた方がいい?子供の写真をSNSにアップする危険性

水たまり

今の時代、スマートフォンは手放せない存在となってしまいました。SNSを利用しているお母さんも多いのではないでしょうか?

同じ状況のママ友と情報を発信したり、日常の一コマを見るには楽しいのですが実際、ネットには危険がたくさんあります。

少しの油断から事件に繋がってしまう可能性もあるので、お子さんの安全を守るためにも、今から紹介する「子供の写真をSNSにアップする危険性」で確認してみてください。

スポンサーリンク

個人情報の流失に繋がる

子供の写真をSNS上に載せてしまうと、個人情報が流失してしまう場合があります。SNS上では場所や人を問わずに誰でも閲覧出来てしまいます。

誰でも閲覧できる状況の中で、個人情報が書かれていたらとても危険だと思いませんか?しかも、お母さんではなく子供を狙っての犯罪の場合もあります。

また、友人や偶然他の人の顔が映り込んでしまった写真を無断でアップする行為は肖像権の侵害に該当してしまいます。お子さん同士で写った可愛らしい写真でも、無断でSNS上に載せてしまうとトラブルの原因になってしまうので十分に気を付けましょう。

子供の居場所を特定される可能性がある

写真には、位置を特定される可能性を含んでいることをご存知でしょうか?写っている街並みや置かれている物などから住所を特定する悪い人たちもいます。

「何もない所なら大丈夫」と考えている人もいますが、近年では瞳の中に映った景色から場所を特定してくる人もいるそうです。

また、写真に写ったマンホールから住所を特定されてしまったというケースもあります。写真一枚からそこまで特定されてしまうと、背筋が凍るような思いですよね。特に、小学生のお子さんがいる方は外で遊ばせる機会も多いと思うので注意が必要です。

画像をコラージュされて悪用される

SNS上にアップしてしまった写真は、誰でも簡単に保存できてしまいます。大げさかもしれませんが、一度載せてしまった写真が全世界から完全に無くなる事は無いと思っていた方が良いでしょう。

スポンサーリンク