子は親の鏡!お手本になれてる?自分の言動を振り返ろう

鏡を見る女

“子は親の鏡”という言葉や“この親にしてこの子あり”なんて言葉を耳にしたことはありませんか。子供は親の背中を見て育ちます。親のいいところはもちろん、親の悪いところも真似してしまうのです。

なぜか真似してほしい部分は真似してくれず、真似してほしくないところばかりが真似されて困ってしまうことが多いのですが、まずは自分の言動を見直してみましょう。そして、子供に真似されたとしても困ることのない親になっていきましょう。

子供は親の言動をよく見ていますよ。お手本となれるような言動をしていきましょうね。

スポンサーリンク

言葉遣い

子供に影響があることが多いのが言葉遣いです。汚い言葉遣いをしている子供の親を見るとやっぱり。。。なんてことが多いのです。言葉遣いが悪くなってしまうと印象は悪くなってしまいます。

親としては言葉遣いが悪くてもいい場所とそうでない場所を使い分けているかもしれませんが、子供にとってはその区別はまだ難しいものです。ですので、どんな場でも親から聞いた悪い言葉遣いを使ってしまうということがあるのです。

子供の前では極力真似されたくない言葉遣いは避けていきましょう。子供はTPOに合わせて言葉遣いを使い分けるということは難しいのです。

行儀

子供は親の行動をよく見ています。あなたは食事の時のマナーや行儀に自信はありますか?自信がないというのであれば、子供ができたことをいいきっかけだと捉え、今一度自分のマナーや行儀について振り返ってみましょう。

そして、正しいマナーをもう一度確認し、子供に真似されても恥ずかしくないようなマナーを身に付けておくようにしましょう。

やはりきちんとしたマナーの人は、どこに行っても気持ちのいい印象を与えるものです。子供のためにもまずは自分から、正しいマナーと行儀を身に付けて、教えられるようになっておきましょう。

自分はできてる?

子供に何かを注意する時にはまず自分はそれができているかな?ということを考えてみましょう。考えて見て下さい。

スポンサーリンク