兄弟で仲良くできないかな…。上の子が下の子をいじめてしまう時の対処法

兄弟げんか

兄弟は仲良くいてほしいというのは、兄弟を持つ親の願いですが、なかなかそう上手くいかないのが現状ではないでしょうか。特に困ってしまうのが、上の子が下の子をいじめてしまうという様子が見られた時です。

上の子が下の子をいじめてしまうというのは、嫉妬心や自分への関心を惹きたいという気持ちから来ることが多く、親が適切に対処してあげることで防ぐことのできることなのです。上の子が下の子をいじめてしまう時の対処法お教えします。仲の良い兄弟を目指していきましょう!

スポンサーリンク

頭ごなしに叱らない

上の子が下の子をいじめている様子を見つけてしまうと、つい上の子を叱りつけてしまうことが多くなってしまいますが、それはやめましょう。

上の子が下の子をいじめてしまったのには、上の子なりの理由があるはずです。いじめるという行為は悪いことで叱られても仕方のないことですが、頭ごなしに叱ることはやめて、まずはどうしてそんなことをしたのかということを聞いてあげるようにしましょう。

聞いてあげたうえで、いじめるのはいけないことだよというのを冷静に優しく言って聞かせるようにしましょう。かっとなって対処してはいけませんよ。

上の子を優先してあげる

下の子ができると上の子は急にお兄ちゃん、お姉ちゃんになります。そのことは嬉しいことでもありますが、少し寂しい気持ちになることでもあります。その寂しい気持ちから少し下の子に意地悪してしまうということがあるのです。

それを防ぐためには、なるべく上の子を優先してあげることが大切です。下の子はまだ小さく手がかかることでしょうが、それでもなるべく上の子のことを優先してあげることで、上の子の寂しい気持ちを少しでも埋めてあげられるようにしましょう。

スポンサーリンク