小学生の子供が成績表をもらってきた時の対応&成績表の見方

成績表

子供が小学校に通うようになると、これまでとは違って勉強が始まり、それに対する評価を受けるようになります。学期末になると成績表をもらってくるようになるのです。

子供の成績は親にとってとても気になることで、成績表を見るのはドキドキワクワクすることですよね。子供の学校での頑張りが載っている成績表は、どうやって見て、どう反応してあげると子供のためになるのでしょう。

子供が学校に通うようになり、成績表をもらってきた時の成績表の見かたやその対応についてお教えします。成績表楽しんで見てあげましょう!

スポンサーリンク

じっくり見る

成績表には色々な情報が載っています。教科ごとの成績はもちろん、生活の面でも評価をされています。色々と先生が個人に宛てて書いてくれた文も載っていて、見るべきところはたくさんあります。

子供から成績表を渡された時には、簡単に見て評価するのではなく、まずじっくりとすみずみまで見るようにしましょう。

子供にとって親が成績表をじっくりと見てくれている様子というのは、とても嬉しく感じられることで、それだけで自分の学校での頑張りが認められたような気になれるものです。成績表はじっくりと時間をかけて見てあげるようにしましょう。

いい点を探す

成績表を見るときに何も意識しないで見ると、つい成績が悪い部分が目についてしまいます。ここもできてない、あれもできていないという部分がどうしても気になってしまうのです。

できていない部分をチェックすることも成績表の役目であって大切なことなのですが、まずは、子供のいい点を探してあげるようにしましょう。前と比べてできるようになっている部分や、頑張っている箇所が成績表をよく見ることで分かるはずです。

悪いところを探すのではなく、いい点を見つけてあげる、そういう意識を持って成績表を見るようにしましょう。どんな成績表にもいい点はあるはずなのです。

褒める

成績表をもらってきたら、色々と気になる点があることとは思いますが、まずは一学期間のがんばりを褒めてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク