家族の食事の時間を楽しもう!楽しい食卓にする方法

家族

家族で囲む食卓はとても楽しく、家族の大切な団らんの時間です。食事を共にするというのは大事なことで、そこでのコミュニケーションは家族の絆を深めてくれます。

一日の出来事を報告したり、同じものを食べて「おいしいね」と感想を共有したりすることは、些細なことに感じられるかもしれませんが、とても大切で貴重な時間なのです。

そんな大切な食事の時間を楽しく過ごすために、楽しい食卓にする秘訣をお教えします。家族の食事の時間、楽しいものにしていきましょう!

スポンサーリンク

彩り豊かなメニュー

食事で大切なのが何を食べるかということです。「今日のご飯何―?」と聞いて自分の好きなものだったら、それだけでテンションが上がって嬉しくなってしまいますよね。

また「ご飯できたよー」と家族を呼んだ時に彩り豊かなメニューが机の上に並んでいると、とても嬉しくなってしまいます。家族で食卓を囲むことが重要なのであって、何を食べるかは重要でないなんてことを言ったりもしますが、やはり何を食べるかということも大切です。

豪華でなくても彩りに注意するだけでも、華やかな楽しい食卓を演出していくことができますよ。食事の色、注目してみましょう。

隠し味

これは食育の一環にもなりますし、食事の時の話題にもなるのですが、食事に隠し味を仕込んでおくと、楽しい食卓になります。

例えばハンバーグに人参のすりおろしたものなどを入れておいて「今日のハンバーグには何が入っているでしょう?」とクイズにするのです。そうすると楽しい食事になりますし、こどもが食事に興味を持つこともできます。

料理はできなくても生きていけますが、できたほうがいいものです。自然と食への興味を促し、楽しい食卓にすることのできる『隠し味』はたまに取り入れることをお勧めします。子供と一緒に食事を作ってもいいですね。

一日の出来事を話す

食事を囲んでいる時は、私語厳禁!なんて言わずに、口にものが入っている時には口を開かないといった最低限のマナーを守ったうえで、ぜひ会話を楽しみながら食事を楽しみましょう。

スポンサーリンク