子供におすすめ!頭が良くなる遊びとは?

子供達

子供の頭が良くなることには、小さい頃の遊びが非常に深く関係しています。そして頑張り屋、努力家な性格になることは学力アップに欠かせない重要なことと言えます。そうした性格の子供になってほしいと思う親御さんは多いはずです。

ではどのような子育ての方法が学力アップに効果的なのでしょうか。今回は頭が良くなる遊びと、頑張り屋な子供に育てる教育をご紹介します。

スポンサーリンク

音楽を取り入れた遊び!

音楽に合わせて踊る、音程を取りながら歌う、などの行動は集中力と注意力が必要とされます。そのため、歌を歌ったりダンスをすることは子供の頃に行なう遊びとしては、楽しみながら頭が良くなることにも繋がるのでおすすめです。

スローな曲とテンポが速い曲を交互に流すことで、さらに集中力や注意力が必要となるので、曲を流す順番を工夫するとさらに効果的と言えます。

音楽を取り入れた遊びは子供に喜びをもたらし、運動能力や自尊心を育てることにも繋がります。そのため、小さい頃から家で音楽を流したり、それに合わせて自由に体を動かすような環境を作ることがおすすめです。

お話を作って聞かせる!

寝る前に本の読み聞かせをすることももちろん大事ですが、お母さんが作った話や、本当に起きた出来事を物語のように聞かせると、子供の注意力が高くなると言われています。

絵本などで写真や絵を見ながらお話を聞くより、お母さんと顔を合わせて、表情などからお話の流れ、映像を想像することで、物語をよく記憶することができます。そして細部まで想像を膨らませることで、注意を払うことを覚えます。

注意力や集中力は子供の学力に深く関係しているので、それを磨くことは学力アップにも繋がります。寝かしつけの際に絵本の読み聞かせをしている方は、時には絵本なしの自作の物語を聞かせてみることをおすすめします。

目標がある遊び!

子供の頭がよくなるためには、その年齢に合わせて頑張ればできるような目標を立てた遊びがおすすめです。積み木で高い塔を作る、難しい工作に挑戦するなど、ある程度の努力、頑張りが必要とされる遊びを取り入れてみましょう。

スポンサーリンク