暑い夏の夜に子供を安眠させる対策は?アイテムやエアコンの使い方

眠る子供にキスするママ

暑い時期がやってくると子どもはよく寝付けずに寝ぐずりししてしまいます。連日熱帯夜が続くこともあり子どもだってつらいものです。

そんな暑い夏の夜を安眠するためのアイテムやエアコンの使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

快眠パジャマで暑さ対策

子どもは基礎体温が高く、新陳代謝もよいためとても暑がり、汗をたくさんかいてしまうものです。そんな子どもの体にあったパジャマ選びをするのに参考にしてください。

肌に直接触れるパジャマは、汗をよく吸ってすぐに乾くものが良いです。メッシュの生地が適しています。そして、温度調節があまり上手ではないため露出が多いものですと汗の吸収が出来ないため余計に蒸れてしまいます。上は半袖でもいいですが、下はなるべくなら長ズボンがおススメです。

また、このズボンですが、腹巻つきのものが特におススメです。内臓はなるべく冷やさないようにしたほうが安眠でき、寝冷えから体を守ってくれますので、是非腹巻つきパジャマを選んであげて下さい。

ひんやり寝具で涼しくしてあげよう

熱帯夜を切り抜けようと夏場になると様々なひんやり寝具が店頭に置かれるのを見ます。その中から、子どもにも良いひんやり寝具グッズを紹介します。

冷却シートという布団に敷くタイプのひんやりアイテムがあります。これは最初は冷たいけれど段々とぬるくなってきてしまうのですが寝つくまでは、これがあるとひんやり気持よく寝苦しい夜ともおさらばできます。

これと同様に枕のタイプもあるので首元が冷やされて気持くなります。ですが、私がおススメなのはひんやり枕よりも断然アイスノンです。

冷凍庫に入れておくと凍って硬くなってしまうものもありますがジェルが固まらずに柔らかいままで使用できるもののほうが子どもの頭がフィットするので最適です。直接使わずにタオルなどにくるんでから使用すると冷たくなりすぎず、朝までぐっすりねむることが出来ます。

布団をいやがってしまうけれどかけなくていいの?

子どもは暑いと本能的に掛け布団を蹴ってしまいますよね。寝返りもするので何度もかけなおしてあげても子どもに布団がかかっていない状態になると寝冷えをしないか心配になってしまいます。

スポンサーリンク