いつから覚える?早い子に理由はある?赤ちゃんへの言葉の教え方

子供

赤ちゃんはママやパパなど周りの大人の真似をして言葉を覚えていきます。1歳で歌を歌えるほど言葉が早い子もいれば、3歳近くまで話さない子もいます。

言葉が遅いとママは心配になるものですが個人差がありますので焦ることはありません。今回は赤ちゃんが言葉を覚える過程や、赤ちゃんへの言葉の教え方についてまとめてみます。

スポンサーリンク

ママやパパが話しかける

赤ちゃんに言葉を教えると言っても、時間を決めて教える時間を作る必要はありません。日常生活の中で自然に話しかけてあげましょう。

「オムツを変えようね」「お腹がすいたね」などと言いながらお世話をし、お外に出たら「ワンワンだね」「ブーブーだね」などと見たものをそのまま言葉にするだけで十分です。その時に表情やジェスチャーがあると理解も深まりますね。

赤ちゃんは耳からの言葉だけでなく全身で情報を受け止めています。危険なことをした時は、怖い顔をして「危ないからやめようね」ということを伝えると、この行動はママが怖い顔をする=やってはいけないといったように理解していきます。

逆に面白がって何度もママの反応を試すような場合もあります。まだ赤ちゃんだからわからないだろうと思って伝えないのではなく、たくさん話しかけてあげましょう。その積み重ねが言葉の理解と習得につながります。

赤ちゃん言葉でもいいの?

よく、赤ちゃん言葉の良し悪しについて言われますが、個人的にはあまり神経質になることはないと思います。赤ちゃん言葉がよくないとされるのは、最初に赤ちゃん言葉で教えてしまうと、赤ちゃんにとっては「まんま」=ご飯、「ワンワン」=犬などと追翻訳しなければならないので混乱するからです。

確かに「正しい言葉」を教えるのであれば最初から「ご飯」「犬」などと教えるべきですが、赤ちゃん言葉は「赤ちゃんが発しやすい言葉」ですから、赤ちゃんには言いやすく覚えやすいのです。

赤ちゃんも、伝わった!言えた!ママとお話しできた!という喜びを感じられるのであれば、感情や気持ちを共有できるという面で、本来の「言葉」が果たす役割と同じなのではないでしょうか。

絵本を使って

赤ちゃんに絵本を読んであげることは言葉を覚えるのにとても有効な方法です。絵本の中には普段の生活の中では発さないような単語や表現、言葉がたくさん出てきます。

赤ちゃん向けの絵本はわかりやすく短いものが多いので、ゆっくり、何度でも読んであげましょう。最初は絵本を口に入れているだけの赤ちゃんも、根気よく読み聞かせるうちにお話しを聞くようになります。

スポンサーリンク