ネグレクトになる原因と子供の将来への影響とは?ネグレクトされた子の特徴

子供をほったらかす母

子供に対する育児放棄を意味する言葉として、最近よく耳にするネグレクト。ネグレクトが原因とされる事件が後を絶ちませんが、実際本人に自覚がないことがその特徴でもあります。

子供の成長、そして命に関わる非常に危険な問題なので、その実態は親として知っておくべき情報と言えます。そこで、ここではネグレクトの原因と子供の将来への影響をご紹介します。

スポンサーリンク

ネグレクトは児童虐待

児童虐待と言えば、暴力などの乱暴なイメージを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。厚生労働省の虐待の定義の中にネグレクトも含まれているのです。

児童虐待は4つに分類されており、身体的虐待、性的虐待、ネグレクト、心理的虐待があります。そのため、一般的に親がするべきとされる育児を放棄し、子供の生活、成長に害を及ぼしている場合には児童虐待に当てはまります。

ではネグレクトになるにはいったいどのような原因が考えられるのでしょうか。

ネグレクトになる原因とは?

ネグレクトは身体的虐待を伴わない場合、自覚がない場合がほとんどと言われています。なぜネグレクトになってしまうのかというと、その原因として核家族世帯の増加が考えられます。

スポンサーリンク