幼稚園と保育園の費用面や生活面での違いとは?

遊ぶ子供達

子供を預けることから重要視される、幼稚園と保育園の具体的な違いをご存知ですか?費用面、学習面、生活面と、様々な違いがあるので、子供に合ったほうを選びたいところですよね。

経済面にも関係することなので、どちらか選ぶ際には詳しい情報を得ることがおすすめです。そこで、ここでは幼稚園と保育園の様々な違いについてご紹介します。

スポンサーリンク

幼稚園とは?

幼稚園は未就学児に教育を行なう場所であり、文部科学省の管轄になります。3歳から小学校入学までの子供が対象とされており、あくまでも教育をする場所であるため、幼児の心身の発達をサポートする目的があります。

保育時間は9時から14時、給食などは園によって異なります。基本的に時間によってみんなで同じことをすることが多く、行事なども充実しているところなども保育園との違いとして考えられます。

では保育園とはいったいどのような過ごし方をする場所なのでしょうか。

保育園とは?

保育園とは乳幼児を預かる場所であり、保育士が小さい子供の世話をする場所で、厚生労働省の管轄になります。0歳から小学校入学までの子供がその対象で、保護者の代わりに乳幼児を保育することが目的とされています。

保育時間は7時半頃から18時頃までで、給食は必須。幼稚園とは違い教育を目的とする場所ではなく、あくまでも小さい子供を預ける場所なので、目的としては全く異なることがわかりますね。

必要な資格も幼稚園と保育園では異なり、幼稚園教諭免許状と、保育士資格証明書にわかれます。生活面での主な違いがわかったところで、費用についてご紹介します。

幼稚園と保育園の費用面の違いとは?

幼稚園の保育料は世帯の収入に関係なく一律となっています。入園金のほかに制服などのグッズ購入費、その他のオプション料金が必要となります。

スポンサーリンク