子供の頃に起こりやすい自家中毒の症状とは?原因と対処法

調子の悪い子供

不安や緊張などが原因で起こるとされる自家中毒は特に子供の頃に起こりやすいことで知られています。

よく耳にする病名ではありますが、実際どんな病気なのか、その症状や原因はどんなことがあるのか、などといったことは知らない方が多いのではないでしょうか。そこで、ここでは子供の頃に起こりやすい自家中毒についてご紹介します。

スポンサーリンク

自家中毒の主な症状

自家中毒と周期性嘔吐症、アセトン血性嘔吐症は、どれも同じ症状で知られている病気です。その症状の特徴は、普段元気だった子供が、急に繰り返し吐いてしまうといったものです。

そして5日ほどで症状は一旦落ち着き元気になりますが、また繰り返すというのがその特徴です。ほかにも、倦怠感、腹痛、吐き気、食欲不振、頭痛、といった症状も出る場合があります。

自家中毒は3歳~13歳に発症することが多く、そのきっかけは子供によって異なります。では具体的にその原因としていったいどのようなことが考えられるのでしょうか。

自家中毒の原因とは?

自家中毒の原因として考えられるのは、主にストレスです。時には刺激の強い食べ物の摂取や風邪などが原因となる場合もありますが、不安やストレスによる発症が多くみられます。

発表会などの直前に緊張からくるストレスや、旅行や遠足などの行事に対する興奮などの刺激により、体が反応してしまうことがその原因として考えられます。

自家中毒になりやすい子供には、心配性、興奮しやすいなどの性格の特徴があると言われています。自家中毒の症状が出ると親としては非常に心配になりますが、治療法はあるのでしょうか。

自家中毒の治し方とは?

自家中毒は基本的に治る病気と言われています。だいたいの場合は長くても数年で治りますが、思春期以降まで引きずることはないのであまり心配する必要はありません。

スポンサーリンク