栄養満点で離乳食におすすめ!高野豆腐のおすすめレシピ

離乳食を食べる赤ちゃん

離乳食には、栄養のあるものを取り入れたいのが親心ですね。初期では、まだまだ母乳やミルクからの栄養が重要なので、あまり栄養は気にしなくても良いですが、後期頃からは栄養面も気にしたいところです。

今回は、栄養満点で料理に使いやすい高野豆腐について、管理栄養士の筆者が栄養面やレシピを紹介します。

スポンサーリンク

高野豆腐の栄養は??

高野豆腐は、「畑の肉」と言われている大豆から作られたものです。大豆の栄養がぎゅっと濃縮されているので、栄養満点です。

栄養素としては、カルシウムや鉄分などのミネラルが特に豊富です。赤ちゃんや子供に多く摂取してほしい栄養素です。また、鉄分の必要量が増える、妊婦さんにもおすすめの食材です。

さらに、筋肉やスタミナをつけるのに重要なタンパク質のアミノ酸が、肉や魚よりも多く含まれているので、成長期のお子様にもぜひ摂取してもらいたい食材です。

高野豆腐は、食物繊維も豊富で、水分も含むので満腹感が得られ、ダイエットにもぴったりな食材です。乾物なので、長期保存ができて、管理栄養士の筆者がおすすめする万能な食材です。

豆腐は離乳食で良く使うけど、高野豆腐も使えるの?

豆腐は、離乳食の初期から食べることが出来ます。初めてのタンパク質源として始める方も多いのではないでしょうか。豆腐は、絹豆腐がなめらかで食べやすいです。

温めて、つぶすだけで簡単に出来るのもよいところです。ただし大豆もアレルギーがあるので、初めて食べる時には注意が必要です。

豆腐は良く使っているけど、高野豆腐は、赤ちゃんに使うのは難しいのでは・・・と思っている方も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク