飲まなきゃダメ?本当に必要?フォローアップミルクの使い方を知ろう

ミルクを飲む赤ちゃん

フォローアップミルクをご存知でしょうか。牛乳や離乳食だけで不足しがちな栄養をサポートする、9ヵ月~3歳ごろまで使用できる粉ミルクのことです。

この記事では、フォローアップミルクの疑問を解消していきたいと思います。

スポンサーリンク

絶対に飲ませなければいけない?

フォローアップミルクは、離乳食が3回に進んできた頃から始めます。離乳食では、補えない栄養をバランスよく摂取することが出来ます。必ず飲まなければいけないわけではなく、栄養を補うものとして考えてください。

おやつの時間に、おやつとフォローアップミルクをあげるのがおすすめです。また、赤ちゃんに食べムラや好き嫌いがある、体重が増えない、などがあれば栄養が摂れているのか心配です。そんな時に活用するのが良いです。

ただし、フォローアップミルクばかり飲んで、離乳食が進まなくなってしまう場合は、離乳食を優先しましょう。コップやストローマグなどで飲む練習するのも良いですね。

0~1歳までの粉ミルクと何が違うの?

0~1歳までの粉ミルクは、母乳の代わりになるような栄養素を含んだミルクです。このミルクだけで、食事のようなものです。

フォローアップミルクは、牛乳の代わりになると言えます。牛乳は、エネルギー源になり、腸内環境を整えたり、カルシウムも豊富で子供にぴったりの食品です。ただし、牛乳は1歳頃からの摂取が望ましいです。1歳未満の赤ちゃんは、消化器官が未熟なので消化吸収するのが難しいからです。

またフォローアップミルクは、牛乳では補えない栄養素が多く含まれているのでおすすめです。

粉ミルクとフォローアップミルクの栄養素を比べてみると、エネルギーや脂質は粉ミルクの方が高いです。フォローアップミルクは、離乳食で不足しがちな、鉄分、カルシウムなどが多く含まれています。栄養組成が変わってくるので、初めて与える時は、少量からにしましょう。

スポンサーリンク