子供の依存心の原因とは?ブランケット症候群について

布にくるまる女の子

ブランケット症候群という言葉を耳にしたことはありますか?小さい子供がタオルやぬいぐるみなどの決まったものを肌身離さず持ち歩いたり、それがないと眠れない、などといった状態になることをブランケット症候群と言います。

特定の物に対する依存には、様々な原因が考えられており、効果的な対処法もあることが知られています。そこで、そんなブランケット症候群について調べてみました。

スポンサーリンク

スヌーピーに登場する青色の毛布をいつも持っている少年

心理学ではブランケット症候群のような状態を「安心毛布」と言います。スヌーピーに登場する青色の毛布をいつも持っている少年は有名ですよね。ブランケット症候群はまさにその少年の姿と一致しています。

執着する物は人によって違い、毛布やタオルケット、ぬいぐるみ、枕などのケースが多い傾向にあります。それを抱いていると安心感を覚え、見当たらないと不安になる、といった場合にはその物に対する依存が非常に強いと言えます。

では子供がブランケット症候群になる原因にはどんなことが考えられるのでしょうか。

ブランケット症候群の主な原因とは?

子供が特定の物に異常なまでに執着心を持つ原因には、ストレスや不安があることが考えられます。親が側にいない不安、慣れない環境での生活による不安など、様々な心理的ストレスからブランケット症候群になる場合が多いのです。

そうした不安をなくしたいという気持ちから、慣れ親しんだ特定の物の匂いを嗅いだり、抱きしめたりすることで不安を落ち着かせているのではないかと言われています。

執着が強ければ強いほど、その匂いにすら執着してしまうので、洗濯することを嫌がったりすることもあります。そのため古くなって新しいものに買い換えることはもちろんできません。

ブランケット症候群は止めるべき?

子供が特定の物に執着しているうちは、それを無理に引き離してしまうとストレスになってしまいます。子供にとってそれは安心感を得るために必要な大切な宝物なのです。そのため無理矢理引き離すことは避け、見守ってあげることが最善と言えます。

ある程度大きくなり、他のことで様々な刺激を受けていくに連れ、自然に改善される場合が多いのであまり心配する必要はないとされています。基本的に人に迷惑をかけることには繋がらないため、そっと見守ってあげることをおすすめします。

成長過程で意外と誰もが経験すること?

特定の物への執着は自分も幼少期に経験があると思った方も多いのではないでしょうか。実はブランケット症候群になることは子供の成長過程で決して珍しいことではないのです。

スポンサーリンク