こどもの日を盛り上げるための子供が喜ぶお祝い方法

母と子供

年に一度のこどもの日、子供が喜ぶようなお祝いをしてあげたいと思っている親御さんは多いのではないでしょうか。

しかし、誕生日やクリスマスと違い、こどもの日をどのように祝ったらいいのかわからないという方のために、ここではこどもの日を盛り上げるためのお祝い方法をご紹介します。

スポンサーリンク

そもそも子供の日とは?

こどもの日とは、元を辿れば厄除けや健康祈願のために菖蒲を飾ったり、菖蒲の入ったお酒を飲んだりする中国の風習が由来とされています。

中国からきたとされる風習が日本の武士に伝わったことから、男の子のための行事となったと言われています。そのため、こどもの日は男の子の誕生や成長を祝う日という認識の方が多いと思います。

しかし、1948年に国民の子どもたちが健やかに育つことをお祝するための国民全体の祝日として定めらたことにより、女の子も一緒に祝うようになったのです。

年配の方にとっては、端午の節句は「男の子の祝日」という認識が今もあるようですが、実際には男女の区別なく、子供の幸せを願いお祝いする日であるということが正しい認識と言えます。

こどもの日におすすめの縁起の良い食べ物とは?

子供の日のお祝いの際には、子供の好きな食べ物を用意するともちろん喜んでもらえるのですが、古来の風習なので、縁起物を用意することをおすすめします。

こどもの日は以前、男の子の誕生や成長を祝っていましたから、その名残で出世魚の鱸や鰤を食べるのが縁起が良いとされています。

スポンサーリンク