こどもの日を盛り上げるための子供が喜ぶお祝い方法

母と子供

また、「勝つ男」に通じることから鰹も縁起が良いと言われています。そしてこどもの日の定番と言えるのが粽と柏餅。粽は中国から伝来した食べ物で、柏餅は日本厄除けの為に昔から食べられてきました。

  • 中国の文化・・関西
  • 江戸文化・・関東

これらの違いから、地域によって粽派と柏餅派に分かれるようです。

スポンサーリンク

五月人形について知ろう!

こどもの日には勇ましい鎧兜や愛らしい人形を飾り、庭には鯉のぼりをあげるのが一般的ですが、五月人形にはどのような始まりがあるのでしょう?

五月人形には、兜や鎧を中心に屏風や弓立てなどを飾る鎧兜飾りや、子供大将飾りと呼ばれる金太郎や牛若丸などがあり、鎌倉時代までさかのぼる武家の風習が起源と言われています。

武家に男の子が生まれた際に、戦のための鎧や兜を新調していたのですが、庶民は本物の鎧や兜を持つ必要がなかったので、命を守るための象徴という意味合いで五月人形を飾るようになりました。

ちなみに雛まつりでは、3月3日を過ぎて雛人形を飾っているとお嫁に行けなくなるという言い伝えがありますが、五月人形については子供の守護神という意味もあるので、年中飾っておいても問題はないと言われています。

こどもの日のオススメの過ごし方

こどもの日には限定のイベントなどがいたるところで開催されています。動物園や遊園地が無料開放されることもあるので、事前にそうした情報をチェックしておきましょう。

子供が喜ぶことを最優先に考え、できれば家族全員でお出かけすることがおすすめ。年に一度のイベントなので、最高の思い出になるような計画を立てましょう。そうすることで、子供に「こどもの日」という文化を教えることが大事なのではないでしょうか。

こどもの日はとにかく子供を楽しませてあげましょう!

こどもの日は、子供にとって特別感のある一日。そのため、家族全員で楽しむことが最も重要なことと言えます。

こどもの日を盛り上げたいなら、まずはその日がどんな日なのかということを子供に教えた上で、正しい認識の元お祝いすることをおすすめします。

スポンサーリンク