沢山あるキックバイクの選び方は?人気のおすすめ5種類をご紹介!

キックバイク

今や子どもたちに大人気のキックバイク。下は2歳から上はもう自転車に乗れるお兄さんお姉さんまで、沢山の子どもたちが公園を駆け抜けていきます。

そんなキックバイク、種類が沢山あって、どれを選んだらいいか分からない。そんなあなたに。人気のキックバイク、それぞれのメリットデメリットを、経験談を交えてご紹介します。

スポンサーリンク

ストライダー

キックバイクの金字塔。ストライダー。他のキックバイクに比べて、軽く、シンプルで、無駄がないのが特徴です。

サドルの高さの調節がレバー一つで出来るため、出先で工具がなくても簡単に変更可能。他のキックバイクに乗っていた娘が、ストライダーを借りた途端にぐらつかなくなったのを覚えています。

デメリットは、価格が10000円前後と他のキックバイクより高額なところと、ブレーキがないところでしょうか。

スパーキー

ストライダーに比べ、新しく出てきたのが、スパーキーです。このスパーキーの特徴は、本格的なゴムタイヤを使用しているため、樹脂タイヤに比べてタイヤが摩耗にくいところです。

また、自転車のようなスタンドがついており、公園などでもきちんと停めることが出来るので、他のキックバイクのように倒しっぱなしで遊んだり、その辺に立てかけて停めておく必要がありません。

組み立て不要、サドル位置調整のレバーつきなところも保護者には嬉しいですね。デメリットとしては、やはりゴムタイヤを使用している分、重さがあり、標準より小さい娘は、借りたばかりの頃は漕ぐ力が弱いのかスピードを出すことができませんでした。

AirBike

安さで選ぶなら、AirBike公園の天使です。カラフルな車体が特徴のAirBikeには、キックバイクにしては珍しく、籠が付いています。

ブレーキがあるものを購入した方が安全。という祖父母の配慮の元、我が家ではこのキックバイクを購入しました。

デメリットは、ストライダーに比べ重いこと、籠がしっかり固定されないことです。我が家では、籠は結局取り外してしましました。

重さのせいで最初はハンドルがぐらつくこともありましたが、子どもが大きくなるに連れて問題なく乗れるようになりましたので、大きなお子さんであれば大丈夫だと思います。

逆に、小さいお子さんは2歳代の頃は乗りにくいかもしれません。

へんしんバイク

へんしんバイクは、上記3種のキックバイクとは異なり、ペダルを取り付けることが可能なキックバイクです。

スポンサーリンク