みんな大好き!!おすすめおにぎりレシピ7選

おにぎり

子どもはおにぎりが好きですよね。幼稚園や学校に通いだすと、「お腹すいたー!おやつ何―!?」と、お腹ペコペコで帰ってきますよね。

ですが、おやつにスナック菓子やチョコレートなどを出してしまうと、1袋ペロリなんてことも。育ち盛りの子どものおやつにはパワーの源となる炭水化物がおススメ。今回は日本の子どもが大好きなおにぎりのレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

おかかチーズおにぎり

文字通り、おかかとチーズのおにぎりです。温かいご飯におかかとチーズ、しょうゆを適量垂らして混ぜて握るだけ。ご飯の温度でチーズが溶けて、いい感じに混ざります。

チーズが溶けていない方がお好みの方は、細かく切ったプロセスチーズなどを粗熱が冷めたご飯に混ぜ込んでも美味しくいただけます。おかかとチーズが好きな子どもは大喜びでがっついてくれると思いますよ。

菜飯しらすおにぎり

市販で売っている菜飯の元としらす、お好みでゴマを混ぜて握って下さい。野菜と魚の栄養が一度に摂れるので栄養も満点ですよね。

ポイントはしらすをご飯に混ぜ込むと少しポロポロと崩れやすいので、海苔を巻いてあげると小さなお子さんも食べやすいと思います。

ウインナーおにぎり

焼くか茹でて火を通したウインナーを切らずにそのまま1本おにぎりの中に入れて握ります。ウインナーの頭を少しおにぎりから出すように握ると握りやすいです。

天むすを想像していただくとわかりやすいと思います。塩を効かせて海苔を巻いて食べると美味しいです。子どもが大好きな味ですよね。

高菜おにぎり

市販の高菜を細かく切ってゴマと一緒にご飯に混ぜ込みます。緑の野菜がや漬物が苦手な子どもは多いので、我が家では海苔でお米が見えなくなるまで巻いてしまいます。

高菜おにぎりに限らず子どもが苦手な見た目のおにぎりは、海苔でご飯が見えなくなるまでまいてしまうと食べてくれる事があるので是非挑戦してみて下さい。

桜海老おにぎり

桜海老と青のりと塩昆布を細かく刻んだものを混ぜて握って下さい。桜海老がご飯の温度で少しふやけた頃が1番食べ頃ですよ。

スポンサーリンク