ママ友の子供に使える褒め言葉は?他人の子供を上手に褒める方法

ハートを持つ子供

子供同士で遊んでいると、向こうのママが我が子のことをたくさん褒めてくれた。そうなったらこちらも、ママ友のお子さんを褒めてあげなければなりませんが、どのように褒めてあげるのが一番いいのでしょうか?

どのような褒め方をすればわざとらしくならないのか?どのような褒め方をすればママ友の気分を害することがないのだろうか?また残念ながら褒めるポイントが見つからない子供はどのようなポイントを褒めてあげるべきなのか?今回は褒めるべき上手なポイントも同時にご紹介しましょう!

スポンサーリンク

元気がいいね

どのような子供でもとりあえず言っておけば間違いないのが、「元気があっていいね」という言葉です。元気にお返事ができてえらいね、たくさんおしゃべりして元気があるね、たくさん遊んで元気があるね。

そのような褒め言葉を使えば、褒められたママ友も悪い気はしないはずです。褒めることがなくてどうしていいかわからないときは、笑顔で「元気があっていいですね」と、褒めてあげるようにしてみましょう。

賢いね

自分でご飯が食べれる、トイレに行ける、一人で遊べる、上手におしゃべりができる、そんな子供の姿を見たらとりあえず褒めてあげるようにしましょう。

あくまでもその年齢に対してできることを考えて褒めなければいけませんが、ピンポイントで褒めることでママ友も自分の子供の事を見てくれていると思っていい気分になってくれるはずです。

ここで注意をしたいのが、いかにわざとらしくならないように褒めるかということです。思ってもいないようなことを褒めてしまってはわざとらしくなってしまいますが、ちょっとでも思ったことならば少々大げさでも褒めてあげるようにしましょう。ぜひ、他人の子供のいい所を見つけたならば褒めてあげるようにしましょう!

お姉ちゃん(お兄ちゃん)だね

自分の子供より他人の子供のほうが年上だった場合に使える褒め言葉です。子供というのは自分より年下の子供のお世話をやたらとしたがる傾向にあります。そのため、自分の子供が年下の場合、何かと面倒を見てくれようとしてくれたり、遊ぶ時も合わせてくれようとしてくれます。

その場面に遭遇したときはすかさず「○○ちゃんはお姉ちゃんだね。面倒をみてくれてありがとう」と、褒めてあげるようにしましょう。子供にお礼をいうというのも大きなポイントです。

スポンサーリンク