子供の病気で仕事を休むときの上手な言い方

スマホ

子供が熱を出して急に欠勤を余儀なくされた。そんな経験、ワーママならほとんどの人がしたことありますよね。しかし、子供の病気なので仕方がないとはいえ、あまりにも欠勤が続いてしまったり、忙しい時期に限って欠勤を余儀なくされると、なかなか子供の病気が理由でも電話で欠勤する旨を伝えにくいですよね。

そこで今回は、どうしても言いづらい子供の病気で欠勤をする時の上手な言い方をご紹介します。会社にどのような言い方をすればいいのか、悩んでいるという方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

いつまでには出社できそうと伝える

ただ、子供が病気のためお休みを頂きたいです。という言い方では、どれくらいで出社してくるのか、会社の同僚からすれば不安になってしまいますし、もし急ぎの仕事がある場合手をつけていいのかどうかわからずに困らせてしまいますよね。

ただでさえ欠勤をして迷惑をかけてしまっているのですから、できるだけ欠勤による迷惑をなくした方が角が立たなくて済むはずです。

そのため、欠勤の電話を掛けるときは子供の病状を考えて「今このような状態なので、もしかしたら明日も休みを頂くかもしれません」「微熱なので明日は出社できそうです」と事前に、どのくらい休みを頂くことになりそうか伝えるようにしましょう。

そうすれば、会社側からしても「あと○日間は出社できなさそうだから、この仕事は違う人に任せよう」というように対応することができます。熱が出たばかりで、どれくらいかかるのかわからないという場合もあるでしょうが、だいたいの見通しは伝えるように心がけましょう。

子供の面倒を誰かに見てもらえないか考える

誰かに子供の面倒を見てもらえるならば、始めから会社を休むようなことはしない。そんな声が聞こえてきそうですが、たとえば翌日の午後からならおばあちゃんに見てもらえそう。

明後日なら預けられそう、そのようにずっとではなく日にちを限定したり、時間を限定してでも仕事に出社できそうならばその旨を会社に伝えて少しでも出社できるようにしてみましょう。

スポンサーリンク