叱るのではなく怒りをぶつけていませんか?両者の違いと対処法

落ち込む親

子供がいけないことをして叱りつけるのは親として当然の義務ですし、社会に出て恥ずかしくない大人に育てるためには必要なことでもあります。しかし、子育てのイライラや、私生活のモヤモヤを子供に八つ当たりをしている、自分の思い通りにならない子供に対して怒りをぶつけている、そんなママもいらっしゃるのではないでしょうか?

子供には叱ってもいいですが怒りをぶつけてはいけません。今回はそんな子供に対して怒りをぶつけるのと叱りつけるのとの違いと対処法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

自分の都合で叱りつけていないか?

「なんで早く寝ないの?」「なんで早く用意をしないの?」「なんで早くご飯を食べないの?」そんな理由で子供を叱っているママも多いでしょうが、子供の立場で考えてみるとそれはすべてママの都合であって、子供には一切関係のないことなのです。

つまり、子供からすれば自分には関係はないけど、ママの都合で仕方なく合わせてあげているという感覚なのです。

そんなママの都合に子供が合わせないといけないのに、少し嫌だといったら「どうして言うことが聞けないの!」と怒りをぶつけられては子供からすればたまったものでないですし、嫌になってしまいますよね。

それでも、やはり早くしてもらいたい場面はありますし、あまりにもイヤイヤ言われてしまったら怒りを覚えて思わず叱りつけてしまいますよね。そんな、子供に何かをしてもらいたいときの対処法は子供にお願いをしてみるようにしましょう。

子供にイライラによる怒りをぶつけるのではなく、まずは子供になぜそうしてほしいのか?なぜ急いでいるのかを冷静に話して協力してもらうというスタンスでお話をしてみてくださいね。

イライラをぶつけていないか?

「騒ぐのがうるさい」「かまってかまってとうるさい」「忙しいのに遊んでとせがんできてうっとうしい」そんな理由で叱りつけているママも多いでしょうが、よく考えてみると子供にしてはママと遊んでほしい、ママに甘えたい、ママと一緒に楽しみたいと思っているだけなのです。

その気持ちを「うっとうしい」というイライラした感情だけで怒りをぶつけてしまっては子供の心は深く傷ついてしまいます。

スポンサーリンク