子育てに疲れてヘトヘト…。そんな時におすすめの瞑想について

瞑想

日々の炊事、洗濯に重ねて育児や仕事、毎日この繰り返しで疲れていませんか?眠っても疲れがとれない、そんな日が続いていませんか?

常に気が張った状態で休む間もないと、突然体調を崩して疲れがどっと出てしまうことがありますよね。体調を崩してもなかなか休めないのが母親の辛いところです。

自分の体調管理の為にも、ゆっくり休んで疲れを取りたいところですね。そんな方におススメなのが瞑想です。瞑想というとなんだか重々しいイメージがありがちですが、眠る前に瞑想をすることで深く質の良い眠りができることで人気が出てきています。

ただ瞑想にはたくさんの種類や方法があり、色々なものを試しながら自分に合った方法を続けていくのがよいでしょう。今回は初心者の方向けの簡単なポイントを紹介します。

スポンサーリンク

姿勢

まず瞑想をするにあたって大切なのが姿勢です。座り方はあぐらのように足を組んだり、足の裏を合わせて座ったり、膝が痛い人は少し足を開いて椅子に座っても構いません。

ただ骨盤の上にお腹をしっかりとのせるイメージで、お腹を反らせず膨らませずに体をまっすぐに起こし、背筋を伸ばして座りましょう。

肩の力を抜き、手は膝の上で手のひらを上に向けて力を抜きます。ソファの人は自然に手を横に開いて手のひらを上に向けてソファの上に置きましょう。

呼吸

瞑想においてもう一つ大切なのが呼吸です。この呼吸を意識して集中することで、頭の中の雑念を取り除いていきます。まずはゆっくりと鼻から息を吸い込みます。この時少しお腹を膨らませてお腹に空気を溜めるイメージをしてください。

いっぱいまで吸い込んだら、ゆっくり少しずつ鼻から息を吐いていきます。最初は口から吐くのでも構いませんが、慣れてきたら徐々に鼻から吐く方に切り替えましょう。

スポンサーリンク