恥ずかしいからできないの?子供が挨拶をしない理由と上手なしつけ方

恥ずかしがる子供

子供の頃ってなぜか、挨拶をするのが恥ずかしかった記憶ってありませんか?最初は、中々自分から挨拶するのは照れ臭かったりしますが、実は挨拶って覚えると簡単に言えて、言った方も言われた方も気持ちがいいんです。

きっと、ママも幼稚園や小学生の時から挨拶をしましょう!と言われてきたと思います。小さい頃から挨拶を教えておくと、大人になった時にもしっかりと挨拶できるようになります。そこで、お子さんへの挨拶の教え方をまとめてみました。

スポンサーリンク

上手にできたら褒めてあげましょう!まずは家の中で挨拶の練習

まずは、家の中での挨拶が基本になります。朝起きた時にはおはようございます、寝る前にはおやすみなさい、と言うんだよ、と教えてあげます。

この時にママやパパは笑顔でハキハキと挨拶します。ここが大切です!そして、上手にできたら褒めてあげましょう。家でも挨拶は大切です。

いいこと、出来なかったことができるようになった時は思いっきり褒めてあげます。誉められて嫌な気持ちになる人はいません。大人でも誉められると、嬉しくてもっと頑張ろうという気持ちになりますね。褒めて伸ばす!いいことは気持ちよく伸ばしてあげましょう。

それでも照れ臭そうにしていたら?

大人でも初めて会う人に挨拶をする時には、恥ずかしくて緊張する人もいるかもしれません。子供なら尚更です。挨拶をする事は、恥ずかしいことでははないんだよ、と最初にしっかり教えてあげることが大切です。

モゴモゴはっきり言えない時は、何で言えないのかを優しく聞いてあげるのもいいですね。大人には分からない子供なりの理由があるかもしれません。

最初から上手に出来るなんて考えずに、毎日コツコツ教えてあげることが、これからの挨拶に繋がります。教える方もお子さんのペースに合わせてゆっくり練習してあげてくださいね。

家での挨拶が出来るようになったら次は

家での挨拶が出来るようになったら、次は外出時に練習です。外に出たときはママやパパが子供のお手本になって、こういう場合は、こういう挨拶だよ、ということを体で教えてあげましょう。

スポンサーリンク