質問に答えられないじゃ済まされない!?子供の疑問への上手な答え方

疑問を持つ子供

子供と一緒に生活をしていると「どうして?」と質問をされることがあります。「どうして着替えないといけないの?」「どうして靴を履かないといけないの?」「どうしてママはまだ寝ないの?」「どうして野菜を食べないといけないの?」「どうして?どうして?」

そんな質問攻めにウンザリしてしまうママも多いのではないでしょうか?そこで今回は子供への「どうして?」という質問への上手な切り替えし方をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

一つ一つ丁寧に答えてあげる

気力と根気が持つなら一つ一つ丁寧に答えてあげるのが一番いいでしょう。どうして?と聞かれて困るような質問もあるでしょうが、正論を落ち着いた声できっちり丁寧に答えてあげることで、子供も納得してくれるはずです。

「お外に出るときは服を着替えないとかっこ悪いから」「靴を履かないと足が汚れるから」「ママは子供の時たくさん寝たから」「野菜を食べないと栄養が偏るから」など、子供に言ってもわからないかな?と、思うような言葉も子供にできる限りわかりやすく説明してあげましょう。

子供は子ども扱いされるのが一番嫌いなので「子どもだからそうしないといけないの」という答え方が一番納得しません。子供だから言うことを聞きなさいなんて言い方をせずに、ちゃんと順序立てて丁寧に答えてあげるようにしましょう。

みんなやっているから

どうして?と聞かれたら「みんながやっているからだよ」と、教えてあげるのもいいですね。今の時代は個性が大切とはいいますが、個性が際立っているのと常識がないのは別問題です。

服を着替える、靴を履くなどは常識ですし、大人になってから好き嫌いがあるのはいろいろと人付き合いで不具合が生じることもあります。

スポンサーリンク