うざいと嫌がれることを恐れてマタニティマークを付けない人も?マタニティマークがもたらすトラブル

妊婦

妊娠をしたら多くの人が使うマタニティマーク。妊娠していることを知らせる大切な目印ですし、公共機関を使う時や公共の場に出るときは必ずつけるという妊婦さんも多いでしょうが、最近はマタニティマークをあえてつけない妊婦さんも少なくないのをご存知ですか?

マタニティマークをあえてつけない理由とは何でしょう?今回はマタニティマークがもたらした意外なトラブルをご紹介します。

スポンサーリンク

妊婦というだけで周囲の人に嫌な顔をされる

妊婦様という言葉をご存知ですか?一部のマナーがない妊婦が「私は妊婦だから特別扱いを受けて当たり前」という態度を取り、周囲の人のことも考えず好き勝手にしていることから生まれた言葉です。この妊婦様達によって、妊婦であるというだけで嫌な気持ちになる人が残念ながら存在します。

実際に妊婦に嫌な気持ちになった人は、妊婦様の身勝手な態度により迷惑をこうむったことがある人たちが多いです。

「電車で足を踏まれたのに謝らなかった」「満員電車の中で妊婦だから触るなと怒鳴られた」「ファミレスの喫煙席で妊婦だから近くでタバコを吸うなと理不尽なことを言われた」など、聞いていて唖然とするようなことばかりです。

そのようなトラブルに巻き込まれた人からすれば、近くにマタニティマークを付けた人がいたら思わず身構えてしまいますし、人によっては舌打ちをするかもしれません。

そのような周囲の人の態度に、マナーをしっかり守っている妊婦さんが嫌な気持ちになってしまいマタニティマークをあえてつけなくなってしまうのです。

会社に妊娠しているのを隠している

妊娠初期の場合、妊娠しているのをまだ会社に伝えておらずバレないようにマタニティマークをあえてつけない人もます。

スポンサーリンク