子育てには必須!?子供の自己肯定感を高める方法

パパと子供

子育てをしていて全くイライラしないお母さんはひとりもいないのではないでしょうか。お母さんも人間です。時にはイライラもしてしまいます。

しかし、お母さんがずっとイライラしていると子供は「自己肯定感」の低い子供になってしまいます。今回は自己肯定感を高める子育てについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

自己肯定感とは?

そもそも自己肯定感の低い子、高い子とはどんな子供でしょうか?まず、自己肯定感の低い子は「自分は生きていちゃいけない」や、「自分がいる事でお母さんがイライラしている」など、一言でいうと自信のない子供です。

自分を肯定してあげられない為、成長したのち、精神病などにかかるリスクも高まってしまいます。逆に自己肯定感の高い子は「幸せだな」や、「自分は必要な人間だ!」と前向きでポジティブな性格に育ちます。

どうでしょうか?

自分の大切な子供にはどちらの性格になってもらいたいですか?また、どちらの性格になれば人生が楽しくなるでしょうか?答えは一目瞭然ですね!

では、次に自己肯定感が高い子供の育て方について書いていきます!

イライラをなるべく見せないようにする

子育て中にこれって実はものすごく大変です。でも、「なるべく」見せないようにする、なら出来るかも!と思いませんか?たまには仕方がないです。しかし、毎日子供に向かってガミガミ怒ってしまうと子供はどう感じるでしょうか?

「僕(私)が生きているとお母さんは幸せじゃない」と感じます。きっとどのお母さんも自分の子供が世界で一番可愛いはずです。こんな風に感じていると思ったら胸が痛いですよね。

「なるべく」でいいです。毎日じゃなくていいです。イライラしすぎず、「子供なんてこんなもんか♪」と良い意味で諦め、優しく接する日も作ってみて下さい。

同調してあげる

悪いことをしたら注意をするのが親の役割です。でも、子供はそれを本当に悪気を持ってやっていますか?もしかして、「こんな事も出来るようになった!」と楽しみながらやっているのかもしれません。

スポンサーリンク