子供のお宮参りをする意味とお参りの際の注意点!

神社

赤ちゃんが生まれてから約1ヶ月後に行なう行事であるお宮参り。まだ生まれたばかりの赤ちゃんにとってそれは初めての行事となるので、お父さんやお母さんもドキドキしてしまう方も多いはず。

お宮参りは日本で古くから伝わる行事ですが、実際その詳細な部分を理解している方は少ないのではないでしょうか。

そこで、ここではそんなお宮参りの意味と、注意点をご紹介します。これからお宮参りを迎えようとしている方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

お宮参りの意味とは?

お宮参りとは、赤ちゃんの成長を祈る行事です。神社に参拝し、氏神様に赤ちゃんの誕生を報告し、健康と長寿を祈ることが主な内容です。

お宮参りをする時期は性別によって異なり、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目が一般的ですが、地域によって異なる場合もあります。

また、生まれたばかりの赤ちゃんを連れてお参りをすることになるので、天候によって日にちがずれる場合もあります。

お宮参りは古くから伝わる行事なので、マナーや注意すべきことが様々存在します。そのため、参拝する前にそうした知識を得る必要があります。

お宮参りのマナーとは?

お宮参りをする際には様々なマナーがあります。まず一つ目に、お祓いを受けて祝詞をあげてもらう場合、初穂料が必要になります。その相場は平均的に5000円~10000円と言われています。この場合事前に申し込みが必要となり、初穂料は当日までに用意して持参します。

他にも、お宮参りの際に赤ちゃんを抱っこするのは父方の祖母という昔から受け継がれる決まりがあります。産後1ヶ月を迎えたばかりのお母さんは、忌明けが終わっていないということがその理由と言われています。

スポンサーリンク