子供じゃなくて、プレママさんに読んでほしい!妊娠中におすすめの絵本と漫画

本読む妊婦

日々大きくなっていくお腹を愛おしく思いながら、産後の赤ちゃんとの生活に想いを馳せているお母さんも多いのではないでしょうか。

妊娠中、空いた時間や眠れない時、リラックスしたい時などは気分転換を兼ねて絵本や漫画を読んでみてはいかがでしょう。今回は私自身が妊娠中に読んだ中でも特におすすめの絵本・漫画を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ちいさなあなたへ

作:アリスン・マギー 絵:ピーター・レイノルズ 訳:なかがわ ちひろ さんの絵本です。優しいタッチの絵と言葉に涙が止まらなくなるかもしれません。

妊娠中に読んだ時はまだ我が子が生まれる前だったので、なるほど、お母さん達はこういう気持ちになるのだなぁとか、自分の母もこういう風に思ってくれていたのかなぁと、他人と重ねている部分が多かったのですが、出産後にもう一度読み返してみると、今度は自分自身と重ね合わせて見ていることに気付きました。

「あのひ、わたしは あなたの ちいさなゆびをかぞえ その いっぽん いっぽんに キスをした」冒頭のこの文章を読んだだけで胸に響くものがありました。

母になったことの喜びや気持ち、いずれ巣立っていくであろう我が子に向けてなど、母であること、全てが詰まっている絵本です。何度も何度も読み返しては涙し、自身の母に会いたくなってしまったほど。そして生まれてきた我が子にも是非将来見せてあげたい絵本だと思いました。是非一度、読んで頂きたいです。

おかあさんがおかあさんになった日

長野ヒデ子 作 のおかあさんがおかあさんになった日。初めての出産に臨むお母さんが主人公の絵本です。予定日を過ぎても赤ちゃんが生まれてくる気配がないので、無事に出産するために様々な努力をするお母さんの、出産に至るまでの病院内での物語。

初めての出産に不安だった時にこの絵本を読んで、出産ってこんな感じなのかな、と考えたりもしました。陣痛を促すよう病院内を歩くことになったお母さん。そういえばまさに私の出産時もこんな様子だったと思ったり。自分を「お母さん」にしてくれた我が子に心からありがとうと思える、そんな絵本です。

100万回生きたねこ

佐野洋子 作・絵 の100万回生きたねこは、名前は聞いたことがあると思う人もいるかもしれません。この絵本は大分前に出版されてから、今でもずっと愛読されている絵本です。

100万回も死んで、100万回も生きたねこは、前世の記憶を持ちながらもずっとずっと生まれ変わりを繰り返していました。このねこ、自分の人生を素敵だと思って生きたこともなければ、誰かを好きになったことすらありません。

そんなねこが唯一心惹かれたメスのねこと出会って、恋をして、最後には結ばれて、、、素晴らしい家庭を持って。するとこのねこは、二度と生まれ変わることはなかったのです。それはねこが、初めて自分の人生に満足したことを意味していました。

スポンサーリンク