自分の子育て方法が合っているかわからない…。話題の子育てコーチングとは?

見つめあう親子

親として、子供を育てるのは当たり前です。「子育て方法に正解はあるの?」というと、人それぞれ違うので、ありません。

自分の子育て方法は間違っていないのか、不安になることもあると思います。子育てコーチングで親と子の繋がりを改めて見直してみませんか?

スポンサーリンク

そもそも子育てコーチングって何?

コーチと聞くと、なんだか命令されそうな感じがしますが、コーチングは違います。コーチのように答えを与えたり導いたりするのとは違い、コーチングは答えを自分で創りだすということです。

子供自身の中に答えが必ずあり、親は子供と横のつながりを感じ、自己肯定感の高い子供に育てるのが子育てコーチングです。

もともとはビジネスマンが部下の育成のために、コーチングのスキルを活かしコミュニケーションをとってきました。それにより部下は自分で考えて自分から動き、成長していきます。このコーチングが子育てにも使えると、いま注目されています。

まずは子供の話をよく聞いて

子育てコーチングは、何よりも聞くことが大事です。子供の話を聞いて「ダメでしょ!」とすぐ否定していませんか?子供の話を遮るのもNGです。自分の話を聞いてもらえない→自分に興味がない→心を閉じるということになってしまうかも。

子供の話に全開の好奇心を向けて話を聞くことが大切です。子供の話に毎回興味を持つのも大変かもしれません。そんな時は言葉を反すうしてみたり、子供の話すテンションなどを観察してみたりと、とにかく子供をよく見ながら話を聞く。

子供は「自分のことを認めて欲しい!」という欲求があってワガママになったりします。「ちゃんと話を聞いているよ」という意味をこめて、相槌をうつ姿を見せるのもいいですね。

「聞くこと」と「質問すること」

コーチングの基本は聞くことだけでなく、質問することも重要です。子供の話に対して「どうしてそう思うかな?」とか「どうしてそうしたいのかな?」と、質問してみてください。

「やるのやらないの、どっち?」とイエスかノーでしか答えられない質問はNGです。このような言い方だと威圧感がありますよね。

スポンサーリンク