伸ばす方法はあるの?子供の好奇心を育てるためには?

絵を描く子供

子供は身の回りのいろいろなことに興味を持ち、たくさんのことを吸収して成長していきます。これはなに?どういう仕組みなの?これやってみたい!など、子供の好奇心はとどまることを知りません。

正直に言って、「忙しくて今相手していられない!」とか「そんなの私だって知らないわ」ということも多いですよね。ですが、少しでもその好奇心に付き合ってあげることが、子供の自信につながるとしたらどうでしょう?

スポンサーリンク

興味を持ったらまず調べてみる

子供は日常生活の中で様々な疑問を抱き、それを私たちに投げかけてきます。すぐに答えてあげられることもありますが、難しくて大人にもわからないようなことを尋ねてくる場合もあります。

そういう時は「わからない」と突き放してしまわず、「お母さんにもわからないから、調べてみようか」と、少し時間を割いて付き合ってあげましょう。

字が読めるようになったら、図書館で本を探して自分で調べさせるのも良いですね。この「調べる」という行動が、しっかりと記憶に残す大事なプロセスなんだそうです。自分で苦労せず人から聞いたことよりも、自分で調べたことの方が、身に付きやすいということですね。

我が家の息子は、恐竜が主人公の絵本をシリーズで読んでから恐竜に興味を持ち始めたので、恐竜に関する本を何冊か買ってあげました。

すると、物語に出てくる恐竜について自分で調べ、名前はもちろん、特徴や生息していた地域など、いつの間にかすっかり知識を身に付けていたのです。興味のあることに関しては、吸収が速くて驚きました。

とりあえず、やらせてみる

子供はなんでもやってみたい生き物です。大人がやっていることをやってみたい!テレビを見ていて、これやってみたい!と、目につくもの何でもかんでもやってみたがりますが、やらせられる事とやらせられない事がありますよね。

子供には申し訳ないですが、経済的に無理なのよ…というものも、正直あります。でも中には、できそうなこともありませんか?特に、面倒だから、汚れるからなどと、大人の都合で我慢させていることはないでしょうか?

スポンサーリンク