ベビービョルンの抱っこ紐はどんな種類があるの?特徴は?

抱っこ紐される赤ちゃん

お子さんとのお出かけで使う方も多い抱っこ紐ですが、色んな種類があり迷われる方も多いのではないでしょうか?

抱っこ紐について調べていればほとんどの方が目にするベビービョルンの抱っこ紐は、数種類ありますよね!今回はそんなベビービョルンの抱っこ紐の種類や特徴について簡単にご説明していきます。

スポンサーリンク

ベビービョルンって何?

ベビービョルンは1961年にスウェーデンで生まれたベビー用品ブランドです。3歳までの子供たちとその両親の為に、優れた品質と安全で革新的な製品を作り続けています。

世界50ヶ国以上で販売されている有名なブランドです。抱っこ紐も有名ですがそれ以外にもハイチェアやバウンサー、オマルなど数種類の商品を作っています。細かい部分までこだわり抜かれた素敵な商品がベビービョルンの魅力ですね。

どんな抱っこ紐があるの?

ベビービョルンの抱っこ紐には、ベビーキャリア オリジナル・ベビーキャリア オリジナル AIR・ベビーキャリア ONE+・ベビーキャリア ONE+ AIRベビーキャリア ONE KAI・ベビーキャリア ONE KAI AIRがあります。

カラーは落ち着いた色味の物が多く、一緒に使うパパも合わせやすい物となっています。

ベビービョルンの抱っこ紐の特徴は?

ベビービョルンの抱っこ紐は機能面でも少し違いがあります。それぞれの抱っこ紐の特徴を簡単にご説明していきます。

ベビービョルンの抱っこ紐の購入を検討している方はこちらを参考にして、自分達にあった商品を見つけて下さいね。

ベビーキャリア オリジナル/ベビーキャリア オリジナル AIR

ベビーキャリア オリジナルとAIRは、腰ベルトが付いていない商品です。首が座る前の新生児の時期から生後14ヶ月頃まで使えます。

ヘッドサポートがまだ首が座っていない赤ちゃんの後頭部からお尻まで包み込んでしっかりとサポートしてくれます。ぴったりと赤ちゃんを両手で支えているかのように抱っこ出来るので、赤ちゃんは安心感を覚えます。

スポンサーリンク