スリングって何?使い方に違いはある?抱っこ紐とどっちが良いの?

スリングをする赤ちゃん

育児グッズを選ぶ際に目にした事があるスリングは、どんな風に使うのか気になっている方はいませんが?口コミを見ると欲しくなるけれど、使いこなせるのか不安な方も多いと思います。

使っている方の多い抱っこ紐とスリングはどちらが良いのでしょうか?皆さんの疑問にお答え致します。

スポンサーリンク

スリングってどういう物?

スリングとは柔らかい幅の広い布などで作られており、たわんだ所に赤ちゃんを入れて、肩からたすき掛けの状態で抱いて移動する物です。まるで袋のようになっているので、赤ちゃんが安心しやすく泣いていても落ち着く赤ちゃんも多くいます。

また小さく折り畳めるので持ち運びもしやすくなっているのが特徴です。布のデザインも豊富ですので、周りのママと被るのがちょっと嫌だなと思っている方にも、被りにくいお洒落なデザインを選びやすくなっています。

抱っこ紐ってどういう物?

抱っこ紐とは赤ちゃんを支える部分があり、赤ちゃんの体重をママやパパの肩・腰で支えていくため両手も空き移動しやすい商品です。数通りの使い方が出来て、しっかりとした安定感もあり初めて使用する方もすぐに慣れると思います。

海外でも多く使われていて、スタイリッシュなデザインが多いです。最近は腰ベルトが付いているので、負担も分散しやすく長時間の使用もしやすくなっています。

街を歩いているとこの抱っこ紐を使っている方が多いですよね。おんぶ対応の商品も数多く出ています。

2つの違いは?

2つの一番の違いは形状です。スリングは赤ちゃんが小さい頃などは全体を包み込むようになっています。抱っこ紐は手足が出るような形の物が多いです。スリングは抱っこ紐と違って安定して使うには、多少コツがいる場合があります。

また抱っこ紐もコンパクトには畳めますが、スリングの方がより小さくする事が出来ます。そしてスリングは肩で支えるので、腰ベルト付きの抱っこ紐と比べると、肩への負担が掛かります。

スリングはどんな人におすすめ?

スリングは基本的には肩から布をタスキ掛けして、赤ちゃんを抱っこすれば完了ですので、セットに慣れると泣いた赤ちゃんを直ぐに抱っこ出来ます。

スポンサーリンク