出産の予定日超過!それってまずい事なの?運動したほうがいい?

時計と妊婦

妊婦健診で初期の段階で出される出産予定日があります。前回の生理から数えて40週目を出産予定日としていますよね。

しかし一応予定日として出された日を超過してしまった場合は大丈夫なのかと不安になってしまいますよね。今回は出産予定日についてご説明していきます。

スポンサーリンク

みんな予定日に出産しているの?

妊婦さん全員に伝えられる出産予定日ですが、実際に出産予定日ぴったりに出産したという方はそう多くはありません。

37週から41週6日が正産期と言われていて、この5週間の間ですと赤ちゃんの臓器も完成し機能も十分な状態といえます。この5週以前に出産した場合は早産、42週を越えると過期産になりどちらともリスクがある場合があります。大体39週ごろに出産する方が多いです。

予定日が近づいてきたのに特に予兆がないけど大丈夫?

予兆として多くの方が一度は聞いた事があるのは血液が混じったおりものが出るおしるしという物や、前駆陣痛などですよね。

もちろん個人差がありますので、実際に出産するまでに特に何も無かったという方もいますので、妊婦さん全員が経験するという訳ではありません。

また大体の病院で臨月に入った36週以降は毎回妊婦健診の際に、内診をして子宮口のチェックを行うと思います。

そこで子宮口が柔らかくなっているか、何センチ程開いてるかなど先生から言われる方も多いのではないでしょうか?こちらも個人差がありますので予定日が近いのにまだまだ固いという方もいらっしゃいます。

いつまでに出産しなくてはいけないの?

基本的に42週を過ぎてしまう過期産期になってしまうと、赤ちゃんにも影響が出てきてしまうので大体の方は42週までには、陣痛促進剤を使用して出産の手助けをしたり、帝王切開で出産します。

スポンサーリンク