5人に1人?敏感すぎる子供HSCとは?その特徴や診断項目

5人の子供

自分の子供の育てにくさを感じることはありませんか?周りの子供とちょっと違う。そんな違和感があれば、HSC(Highly Sensitive Child)かもしれません。

これは障害ではありません。敏感だという特性なのです。以下のチェックポイントに当てはめて、子供の長所を伸ばす様な関わり方を意識しましょう。

スポンサーリンク

チェックポイント!

子供の5人に1人が当てはまるというHSCのチェックポイントです。親としては、育てにくさを感じたりしていたかもしれません。現在は「敏感さ」の研究もされています。子供を理解することができるかもしれません。

1つ目が、赤ちゃんの頃から泣き止まない、寝つきが悪く、些細なことですぐ目が覚めてしまう。2つ目が、服のタグが体に触れることを極端に嫌がる。

3つ目が、相手の気持ちにとてもよく共感する、兄弟や友達が怒られていると、自分が怒られている気分になり落ち込んでしまう。4つ目が、ユーモアのセンスがある、です。このほかにも、食事の味がいつもと違うと食べられない、痛みに強く反応するなど、様々です。

幼稚園や小学校入学など、環境の変化に弱いので、信頼できる家族の支えや、長い目で見る事が必要です。また、引越しや兄弟・姉妹の誕生により、一時的に不安定になっている場合は、HSCではありません。

接し方のコツ

敏感な子は、その特性ゆえに特に慎重で不安定な精神面を持ちます。周りの大人はイライラする事もあるでしょう。その子の特性を理解し、自己肯定感を育んであげましょう。

心に余裕が無い場合、子供は悪い影響をまともに受けて、そのまま育ちます。どんな簡単な事でも出来た時は、スモールステップで褒めてあげましょう。親への安心感と、自分自身の自信が身につきます。そして、愛情表現も思い切りしてあげると良いでしょう。

スポンサーリンク