裁縫が苦手でも大丈夫!簡単に入園・入学グッズが準備できる方法

はさみとフェルト

入園・入学グッズは園や学校によって様々な指定がありますよね。あまり細かい指定がなく準備が楽な場合もあれば、サイズが細かく指定されていて、既製品はNGなところもあります。

裁縫が苦手な方にとっては憂鬱ですよね。今回は裁縫が苦手な方でも簡単に入園・入学グッズが準備できる方法をご紹介します。

スポンサーリンク

早めのリサーチで心に余裕を!

入園・入学までにはまだ時間があると思って油断していると、時間はあっという間に過ぎてしまいます。人気の生地や既製品は早めに売り切れてしまうので、ギリギリになってしまうとお気に入りの物が手に入らない…なんていう事も。

筆者もいつもギリギリになってから焦るタイプなのですが、毎回もっと早くに準備しておけば…と後悔します。

同じ園や学校のママ友に情報を早めに聞いたり、入園・入学説明会の時に先生に聞いたりして、どんな物を用意したらいいのか早めに把握しておきましょう。早めのリサーチが肝心です。

既製品を購入する

既製品NGでなければ既製品で済ませてしまうのもアリだと思います。子どもも生地を見ただけではイメージがわきにくいですが、既製品ならお気に入りの物を一緒に選べますよね。

苦手な裁縫を無理にやって親が焦るよりは、親が心に余裕をもって新生活に飛び込んだ方が子どもも幸せだと思います。一緒にグッズを選ぶのもとても楽しいですよ。

既製品にワッペンなどで装飾をする

それでもやっぱり手作りでグッズを揃えてあげたい…と思われる方も多いと思います。本体は既製品を購入して、ワッペンなどで好みのデザインに装飾をしてあげるのも手軽でおすすめです。

可愛いワッペンはたくさんあるので、見ているだけで楽しいですよね。子どもも自分だけのオリジナルのグッズは嬉しいものです。

スポンサーリンク