切迫早産で自宅安静!自宅安静時の気を付けること&過ごし方

寝る妊婦

切迫早産、出血などで妊娠中いきなり自宅安静を告げられる方もいらっしゃると思います。

私も妊娠中に切迫早産で自宅安静を指示され、入院にならなかっただけマシなのかな…。とも思いましたが、必要以外自宅から出られないし家事にも制限がかかってくるのでストレスもたまります。

自宅安静時の気を付けること、過ごし方についてお伝えしていきます。

スポンサーリンク

安静度は人によって様々

自宅安静は文字通り「自宅で安静にすること」です。切迫早産で自宅安静になった方は、子宮頸管の長さが短くなっているので張り止めを処方されていると思います。つまり、薬で赤ちゃんが早く産まれてしまわないように予防している状態なのです。

安静度は人によって様々で、食事とトイレのみ起きていい人(このくらいの安静度なら、上にもお子さんがいるなどの事情がない限り入院を勧められると思います)から、症状の軽さによっては張り止めを欠かさず飲んで多少の家事や外出が可能な人もいます。

私の場合は双子を妊娠していたので切迫早産になりやすい状態で、子宮頸管が通常より少し短くなった段階で、予防も兼ねて張り止めを処方されていました。

基本自宅でゆったり過ごすようには言われていましたが、比較的安静度は低かったので近所のコンビニや薬局など、軽い買い物なら行ってもいいと言われていました。

元気だからと言って調子に乗ってショッピングセンターを1日中歩き回ったりしないようにと釘を刺されました。

安静指示は自分の体調、先生の裁量による部分が大きいのでしっかり主治医の先生と話しましょう。自宅安静が嫌だからと症状を軽く申告したりすることは絶対にやめましょう!

家事はほどほどに。便利なものはフル活用!

切迫早産になると階段の上り下り、立ったままでの料理、トイレ掃除だけでも簡単におなかが張ってしまいます。

スポンサーリンク