赤ちゃんの安心できる日焼け止めのポイントについて

水着の親子

これからの日差しが強くなる季節、ママたちが気になるのは紫外線対策ではないでしょうか。日差しが強くなる春ごろから正しい日焼けケアをしてあげることが大切になってきます。

スポンサーリンク

赤ちゃんの日焼け対策の必要性

赤ちゃんに日焼け対策は必要なのかと疑問に思っているママも多くないのではないでしょうか。紫外線は幼い頃からどんどん蓄積されます。

紫外線に浴びすぎてしまうと健康状態にも悪影響がみられます。なので赤ちゃんの頃からケアしてあげることはとても大切になってきます。

肌を露出しすぎず帽子などで防ぐことはもちろんしなければ行けませんが日差しが強い日には露出している肌にもきっちり日焼け止めなどをこまめに塗って対策すること大切になります。

なのでここからは購入するときにわかりやすい赤ちゃんにも安心して使える日焼け止を選ぶときのおさえたいポイントをいくつか説明していきたいと思います。

石鹸で落ちることが大切

特に生まれてから4ヶ月くらいまでは肌がとてもデリケートな時期です。肌に負担をかけないように、ベビー用の石鹸とお湯で落ちる低刺激の日焼け止めのものを選ぶとよいと思います。

SPFが高いものは紫外線の制御効果が長く続きますが、肌にかかる負担は大きくなり、石鹸などでは落ちにくいものがあります。

海やプールじゃない赤ちゃんの普段の散歩などのちょっとした外出であれば、SPF20~30の日焼け止めで十分大丈夫といえます。なので石鹸で落ちるタイプのものが良いといえます。

できるだけ紫外線散乱剤のみ配合のものを

日焼け止めの成分は、物理的な力ではじく「紫外線散乱剤」と、化学反応で外へ逃がす「紫外線吸収剤」の二種類があります。

スポンサーリンク