貯金するなら子どもが小学生のうちに!実際、公立小学校っていくら掛かるの?

貯金箱と女性

子どもが小さいうちにお金は貯めておくべき、とは世間一般的によく耳にしますよね。特に小学校は6年間なので公立であれば大きな出費は入学と卒業の時くらいでしょう。

では、実際には公立の小学校は入学・卒業のほか毎月どのくらいの費用がかかるのかを調べてみました。

スポンサーリンク

入学時

  • ランドセル 3万円~7万円
  • 子ども用のフォーマルウェア 1万円~3万円
  • 衣類・靴(体操着や名札など) 3万円くらい
  • 文具・学習用品 2万円~3万円
  • 給食・その他用品 1万円くらい

一般的に公立小学校の入学準備にかける費用は大体10万円~15万円と言われています。公立といえど意外に掛かるものなので、できるだけ抑えられる費用は抑えたいものです。

祖父母や親戚などにお祝いの品を買いたいと言ってもらったなら、お言葉に甘えて買っていただくのも節約になります。その際には子ども本人にお礼を言わせること、あなたのためにお祝いをしてくれたということをきちんと説明して感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

お下がりをもらって損はない!

お下がりを貰えるあてがあるなら貰っておいて損はありません。例えば入学式に着るフォーマルウェアは、はっきり言ってその後の出番はほとんどありませんし、体操着は2セットくらいあったほうが洗濯が楽ですので1セットは新品でもう1セットはお下がりという手もあります。

レインコートも使うのは1年生のうちの数回だけなので必ずしも新品である必要はありません。お下がりだからといって、よほどボロボロでない限り目立つようなこともないでしょう。一度使ってみてダメだと思えばその時購入すれば問題ありません。

学校指定のもの以外は幼稚園で使っていたものを引き続き使ったり手作りするなどすれば大幅に節約することができます。

入学後にかかる費用

入学式を終えて、学校生活が始まったら毎月どのくらいのお金がかかるのか具体的に分からない人も多いと思います。

公立なら確かに授業料は無料ですが学校にかかる全てが無料というわけではなく、次の項目での費用が毎月かかります。

  • 給食費 4,000円くらい
  • 学用品・教材費 1,500円くらい
  • PTA会費・遠足費 1,500円くらい
  • クラブ活動費など 1,000円くらい

大体毎月8,000円前後、年間に換算すると10万円近くはかかる計算になります。

スポンサーリンク