シングルマザーが子連れ再婚をすることで子供に与える影響はある?

手をつなぎ指をさす子供

シングルマザーにとって子連れでも再婚をしてくれる男性はありがたい存在ですよね。しかし、子連れで再婚をした場合心配にはるのは子供への影響ですよね。

子供が現在いくつなのかにもよるでしょうが、自分のパパが本当のパパではない場合どのように接することになるのでしょう?

さらに新しいパパだといきなり紹介されたとして、子供はそのときどのような気持ちなのでしょう?また、将来どのような問題が考えられるのでしょう?今回は子連れ再婚をすることで与える子供への影響をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

本当のパパと今のパパを比べる

子連れ再婚をした時に、自分の本当の父親と過ごしていた期間が長かったり、面会などで定期的に本当のパパと会っている場合、今のパパと本当のパパを比べてしまう傾向にあります。

そうなると、時々しか会わない本当のパパはたまにしか会いませんので優しいですし好きな物をなんでも買ってくれるはずです。しかし、今のパパは毎日会っているため会うたびにいいものを買ってくれるはずはありませんし、優しいだけではなく時には厳しくしないといけません。

そんな厳しいパパの対応に「本当のパパはあんなにやさしいのに」「本当のパパじゃないからそんなに厳しくするんだ」など、本当のパパじゃないというこのワンクッションが親子関係の障害となることもあります。

本当のパパと面会をさせるのであれば、今のパパと本当のパパを比べないように子供を誘導しましょう。

ママが女であると知られてしまう

子供にとってママが再婚をするということは、ママというだけではなく女としての一面を見ることになってしまいます。そのことを気にせずに、むしろママが幸せになることを祝福してくれる子供もいるでしょうが、ママが女になって新しいパパにとられてしまうということに絶望して、心の底から拒否をする子供もいます。

場合によっては本当のパパが離婚ではなく死別している場合「ママはパパを忘れて新しい男となってしまった!」というとらえ方をしてしまうかもしれません。

スポンサーリンク