子供の耳掃除はいつから?綿棒でOK?赤ちゃんはしないほうがいい?

耳掃除をする赤ちゃん

赤ちゃんが生まれると初めてのお世話に悪戦苦闘しているママも多いでしょうが、その中でも悩んでしまうのが耳掃除ではないでしょうか?

耳掃除をあまりにもやりすぎると、子供の耳に悪影響を与えてしまうという話もありますが、全くしないままだとそれはそれで問題になってしまいそうですよね。そこで今回は子供の耳掃除をどこまでするべきかについてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

耳掃除は耳鼻科で行うのが無難

子供の耳掃除に悩んでいるママは、耳鼻科で耳掃除をしてもらってはいかがでしょう?耳鼻科は耳が悪くなったときだけという印象があるかもしれませんが、実はそのようなことはなくて耳鼻科ではな耳掃除だけの診療も受け付けているのです。

耳掃除ごときで耳鼻科に行くのは面倒だし少し気が引けると考えているママは、大間違いです。耳鼻科で耳掃除をしてもらうのは安全ですし、プロによるプロの器具を使って掃除をしてもらえるのでキレイに掃除ができます。

さらに耳掃除事態も早く済みますので、子供も負担になりにくいのです。耳鼻科によっては自宅で子供の耳掃除をするのは危険なので、耳鼻科での耳掃除を推奨しているところもあります。

さらに保険適用内なので安く耳掃除を安全に行うことができるのもいいですね。ぜひ耳鼻科で耳掃除をするようにしましょう。

手前の方だけを綿棒でとる

耳掃除を言えば奥の方に綿棒や耳かきをいれてゴソッと摂る!というイメージが強いでしょうが、そのような取り方は基本的にNGです。

奥のほうの耳垢を取ろうと綿棒を奥の方まで入れてしまったら、その綿棒で耳垢を奥の方まで押し込んでしまい結果的に外耳炎や中耳炎などの症状を引き起こす原因となることもあります。

そのため奥の方の耳掃除は基本的に耳鼻科に任せて、自宅でのケアは手前の方にある耳垢を取ったり、耳の入り口にある汚れを拭いてあげるだけにとどめるようにしましょうね。目安としては耳の穴のいる愚痴から1cmほどのところを優しく拭う程度にとどめるようにしましょう。

スポンサーリンク