作り方は?量や長さはどれぐらい必要?記念に赤ちゃん筆(胎毛筆)を作ろう!

3本の筆

赤ちゃん筆は胎毛筆とも言われています。子供の成長の記念になるもので思い出に作っておくと将来子供も喜んでくれます。

そんな赤ちゃん筆の金額、どのようにして、作ればよいのか、赤ちゃんの髪の毛はどのくらい必要なのかを調べてみてました。

スポンサーリンク

赤ちゃん筆(胎毛筆)とは

赤ちゃん筆(胎毛筆)の胎毛は赤ちゃんがお腹の中にいた時に赤ちゃんを守る産毛のことです。生まれた時にうっすらと生えており、頭を守ってくれているですのですね。

毛先はハサミを入れるまでは自然にできており、柔らかい毛で、毛先はよく見てみると、だんだんと細くなっていってます。人生のうちで一度しかないそんな貴重な胎毛を筆として記念に取っておくのが赤ちゃん筆なのです。

赤ちゃん筆(胎毛筆)には、子供の成長のお祝いの他にも「賢くなるように」「健やかに育つように」という願いが込められて古来から赤ちゃんの胎毛で作られてきました。

いつからできるのか?量や長さはどのくらい必要?

赤ちゃん筆をつくるのにあたって、子供がいくつになったらできるのかというと、年齢ではなくて、その子の毛の量によって変わってきます。

生まれてからたくさん髪の毛がある子もいれば、生まれてきたときはあまり多くない子もいるのでその子の髪の毛に合わせて作ってあげましょう。

必要な量や長さなのですが、まず量はつくるものにもよりますが目安としては、束ねた鉛筆くらいの太さがあれば十分で、太さは8mmほどです。

長さは5cm以上あれば良いのですが、8cmあればなお良いとのことです。女の子ですと、早く作りたいからと言って5cmは伸びたからなんてすぐに切ってしまうと男の子みたいな髪型のセットしか出来なくなってしまうので、髪型のことも考えながらカットをするタイミングを見つけてあげればいいのではないでしょうか?

どこで作れるの?

髪の毛の長さや太さがちょうどいいくらいまで伸びてきたと思って早速作ろうと思うけれどいったいどこで作れるのでしょうか?今はインターネットでも、受け付けているので検索してみてください。

スポンサーリンク