小学校の林間学校!持ち物を入れるおすすめのリュックは?

リュックを背負う子供たち

小学校高学年の行事に林間学校があります。小学校の行事の中でも思い出に残る行事の1つですし、親も長時間子供から離れるので不安もあったりしますね。

早い学校で6月前後から始まりますが、そもそも林間学校では何をするのか、どんなバッグを持って行かせればいいのか悩むお母さんもいるかと思います。そこで今回は、林間学校のことや、オススメのバッグを紹介します。

スポンサーリンク

林間学校ってなに?

林間学校とは、小学校、中学校などで主に夏に行われる教育行事の1つ。呼び方は他にも自然教室や林間教室などがあり地域によって異なります。

内容は、山や高原など自然豊かな環境の宿泊施設に泊まり、ハイキングや博物館、各名所を見学したりします。

その他にも野外炊飯や川遊びをしたり、農業体験、工作をします。夜にはキャンプファイヤーや星観察、オリエンテーションをおこなったりもします。

林間学校中に行う内容は学校によって様々です。宿泊日数も2泊3日や3泊4日なので、校外学習にしては規模が大きい行事になります。

初めて学校行事で親から長時間離れるのと、友達と朝から夜まで過ごすため、楽しみと不安が半分ずつくらいになる子が多いです。そのぶん、大人になっても思い出に残る行事の1つです。

林間学校に持っていくリュックはどんなのがいい?

林間学校は長くて3泊4日のため、荷物の量がかなり多いです。日数分の着替えや部屋着、タオルなどを持参しなければいけません。

その他にも時計やサンダル、敷き物など細かい荷物がありますし、帰りはお土産も買って帰るため、指定された荷物がギリギリ入るくらいだと失敗してしまいます。そのため、なるべく大きめのリュックを用意するようにした方が良いかと思います。

だいたいリュックの大きさは2泊3日の場合は45リットル、3泊4日のときは50リットル以上がオススメです。

スポンサーリンク