暑い夏を乗り切る手作り梅ジュース!初夏の楽しみ梅狩りに行こう!

梅ジュース

少しずつ暖かい日が増えてきて、初夏の風を感じられるようになってきた五月。イチゴ狩りの盛りも終わったこの時期に楽しめる味覚狩りと言えば、梅狩りですね。

子どもと一緒に楽しみながらもいだ梅で、おいしい梅ジュースを作って、来たる夏を元気に過ごしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

梅狩りが子連れにおすすめな理由

味覚狩りは、子どもたちにとって、とても楽しいイベントですね。ただ、梅はその場で食べられるわけではないので、あまり経験のある方もいないのではないでしょうか。

ですが、梅狩りには、子どもにおすすめな理由があったのです。それはなにか。

梅の木は、りんごやなし、ブドウなどに比べて、とても低いところで実を結びます。高いところなど、届かないところもありますが、低いところであれば、3歳4歳のお子さんでも届く位置に実がなっていますので、保護者の方がいちいち抱っこしなくても大丈夫です。

また、梅の実は、力を入れなくても、ぽろり‥と簡単にもぐことができるので、小さい子どもが、自分だけで収穫できた!と達成感を味わうのにも向いています。

梅狩りはいつ?どんな梅を選ぶの?

梅狩りの季節は初夏。筆者の住む関東では、早いところは五月の末頃から開始し、遅くとも六月中には終わってしまいます。

年によって実の様子も違いますので、行く前には、必ず近隣の梅農園に連絡をとり、ちょうど良い時期を聞いてみることをおすすめします。

梅は固い青梅から、熟しつつある黄色い梅まで生っていると思いますが、梅ジュース作りに向いているのは、青梅ですので青梅を中心に収穫しましょう。

また、梅干し作りを楽しみたい方は、黄色くなりつつある熟した梅を収穫するのも良いと思います。

梅狩りの注意事項

梅狩りの季節は、初夏。五月末から六月と、だんだん日差しの強くなってくる時期です。この時期、暑いから‥と半袖で過ごす方も沢山いるでしょう。特にお子さんは暑がりさんが多いですよね。

スポンサーリンク